「ポケモン」が救う?危機のロンドンロープウェー スポンサー契約切れピンチ、ただ効果は一時的

拡大
縮小
ポケモンロープウェー
ポケモンイベントの期間中、キャラクターの装飾を施したロープウェー(写真:Transport for London)
この記事の画像を見る(14枚)

ロンドン東部のテムズ川両岸を結ぶロープウェーが、コロナ禍のあおりで運営の危機に直面している。2012年に開業したこのロープウェーは、日本にも乗り入れている中東ドバイをベースとするエミレーツ航空が冠スポンサーとなり「エミレーツ・エアーライン」の名で運営が続けられてきた。しかし、スポンサー契約は更改されることなく終了。目下、財政難が顕著なロンドン交通局(TfL)の資金によって運行を継続している。

ところがこの夏、このロープウェーに”マジック”がかけられた。ロープウェー駅の隣接地にある会議・展覧施設「ロンドンエクセル」で、8月18日から21日まで「ポケモン・ワールド・チャンピオンシップス」(PWCS)が開催。これに合わせ、ロープウェーではゴンドラすべてにポケモンキャラクターの装飾を貼り付けた。おかげでPWCSへの参加者や観覧者だけでなく、ポケモンロープウェーを一目見たいという観光客も殺到。コロナ禍以前のような大にぎわいがしばし復活した。

開業当時はもてはやされたが…

テムズ川のロープウェーは、2012年のロンドンオリンピック開幕直前に開業、ドーム状のイベント施設「O2アリーナ」に近いノースグリニッジと、対岸の「ロンドンエクセル」があるローヤルアルバートドック周辺の住宅街にあるローヤルドックスをつないでいる。プロジェクトの総費用は6000万ポンド(当時のレートで約76億円)とされ、うち3600万ポンド相当(同46億円)をエミレーツ航空が負担する一方、同社との間で10年間のブランディングスポンサー契約がTfLとの間で結ばれていた。

こうした経緯があり、このロープウェーは「エミレーツ・エアーライン」と名付けられ、「ロンドンの交通機関で、民間会社の名称が冠せられるのはこれが初めて」と、大いにもてはやされた。

次ページエミレーツ「新パートナーにバトンタッチする時」
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT