AOKIHLDは全店の1割弱が休業、岩手県などでは早期に営業を再開する店舗も【震災関連速報】

AOKIHLDは全店の1割弱が休業、岩手県などでは早期に営業を再開する店舗も【震災関連速報】

紳士服チェーン「AOKI」を展開するAOKIホールディングスは、11日に発生した東日本巨大地震で、東北地方の店舗を中心に38店で臨時休業、8店で短縮営業をしている。またカラオケ・複合カフェについても32店を休業、また7店では飲食等のサービス提供が出来ない状態での営業となっている。

14日時点で休業している店舗数は合計70店に上るが、グループ全787店の1割弱で業績への影響は限定的という。また、13日に休業していた茨城県や山形県などの店舗が営業を再開するなど、早期営業開始の店舗も出ている。15日にも岩手県、秋田県など数店で営業再開する予定だ。

首都圏で予定される計画停電については、紳士服業態では来店客がいる以上は営業を続ける方針だ。ただ電気機器を多く使用するカラオケや複合カフェは、停電時は一時休業し対応する。なお、被災地以外の店舗では、12日(土)、13日(日)ともに売り上げは順調だったという。3月は就職活動の本格化に加え新社会人準備などで主力商品のスーツの売り上げが大きいだけに、被災地以外の店でどれだけ収益上積みできるかが今2011年3月期の増収増益計画達成には重要になってくる。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。