東海カーボンは主力の石巻工場が冠水の被害で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

東海カーボンは主力の石巻工場が冠水の被害で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

カーボンブラック首位の東海カーボンの石巻工場(宮城県石巻市重吉町)は、11日に発生した東日本巨大地震の影響で、操業再開のメドが立たない状態だ。

石巻工場では地震直後に5~6m級の津波が押し寄せ、敷地内の製品や車が流される災害に見舞われた。設備も冠水し、すべての生産ラインを停止している。ただ、従業員は敷地内の8m級のビルに避難し無事だった。

石巻工場は、タイヤに使うカーボンブラックを生産する拠点として、年産6万トンをつくる国内で2番目に大きい工場。現在、国内の他工場や海外工場での代替生産を含めた検討を始めている。

また、子会社の東海高熱工業のエレマ発熱体生産拠点である仙台工場(宮城県柴田郡柴田町中名生字佐野)も操業停止に追いこまれており、東海カーボンは12日に対策本部を設置し、被害の把握に全力を挙げているが、現地との連絡も取りづらい状況で、短期での復旧は難しいもようだ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?