東海カーボンは主力の石巻工場が冠水の被害で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

東海カーボンは主力の石巻工場が冠水の被害で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

カーボンブラック首位の東海カーボンの石巻工場(宮城県石巻市重吉町)は、11日に発生した東日本巨大地震の影響で、操業再開のメドが立たない状態だ。

石巻工場では地震直後に5~6m級の津波が押し寄せ、敷地内の製品や車が流される災害に見舞われた。設備も冠水し、すべての生産ラインを停止している。ただ、従業員は敷地内の8m級のビルに避難し無事だった。

石巻工場は、タイヤに使うカーボンブラックを生産する拠点として、年産6万トンをつくる国内で2番目に大きい工場。現在、国内の他工場や海外工場での代替生産を含めた検討を始めている。

また、子会社の東海高熱工業のエレマ発熱体生産拠点である仙台工場(宮城県柴田郡柴田町中名生字佐野)も操業停止に追いこまれており、東海カーボンは12日に対策本部を設置し、被害の把握に全力を挙げているが、現地との連絡も取りづらい状況で、短期での復旧は難しいもようだ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。