サントリーHD、2015年の最高益更新を計画

ビーム成長に注力

 2月16日、サントリーホールディングスは2015年12月期の連結営業利益が前年比17.1%増の1930億円と過去最高益を更新するとの見通しを発表した。米ケンタッキー州ルイビルで昨年1月撮影(2015年 ロイター/John Sommers II )

[東京 16日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]は16日、2015年12月期の連結営業利益が前年比17.1%増の1930億円と過去最高益を更新するとの見通しを発表した。買収したビームが通年で寄与するほか、飲料や国内ビールの販売増も見込んでいる。

新浪剛史社長は「スピリッツで北米で絶対に負けない体制を作る」と述べ、経営資源を世界で戦うことのできるビームサントリーに集中させ、収益拡大を図る方針を示した。

13日に決算発表を終えているサントリー食品インターナショナル <2587.T>も、利益率の高い特定保健用食品(特保)の飲料などを中心に販売増を図り、増収増益の計画。

同社は、2020年にグループ売上高4兆円の目標を掲げている。15年12月期の計画は2兆6500億円(同7.9%増)で、5年間で1.5倍への規模拡大を目指すことになる。

新浪社長は「ビームを成功させることが次の買収に向けた体制強化につながる」とし、ビームの強化を優先させる。M&A(合併と買収)については、ビームのような大規模な買収は否定しながらも、ブランドの入れ替えは臨機応変に行っていく考えだ。

14年12月末のDEレシオは1.15となっており、15年12月末には1.05に低下させる計画。千地耕造・常務執行役員は「今後2年で1倍を切る水準にする」とした。

先行きの消費について、新浪社長は「4月以降少しずつ良くなってくる」との見通しを示した。昨年は、消費増税や冷夏、燃料代の上昇がマイナス要因となったが、今年はそれがなくなるという。さらには「各社が足並みをそろえて賃上げをする。これも消費には良いファクター」とした。

 

(清水律子 編集:内田慎一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT