有料会員限定

「NISA口座」開設しても投資しない人が多い理由 金融知識があっても投資行動にはつながらない

印刷
A
A

有力機関による調査・研究リポートからビジネスに役立つ逸品をえりすぐり、そのエッセンスを紹介。

低迷する「NISA口座」の稼働率
金融のリテラシーよりコンピテンシーが影響

・日本証券経済研究所「少額投資非課税制度(通称NISA)口座の非稼働の要因分析」(2022年6月)

・名古屋学院大学 経済学部 教授 上山仁恵

NISA口座を開設しても、実際の投資に踏み切れない人が意外と多い(写真:PIXTA)

2014年に導入された少額投資非課税制度(NISA)。一般NISAが761万口座、つみたてNISAが262万口座と着実に増加してきた(2021年6月時点)。しかし、その稼働率は両方とも6割前後にとどまる。筆者は、NISAで初めて証券口座を保有した1500人を対象に金融知識などに関する調査を実施し、稼働率低迷の要因を分析する。

①複利計算②インフレーションと金利の関係③分散投資の3つからなる質問を用いて調べた結果、正答数と非稼働率に明確な関係は見られなかった。金融リテラシー(認知能力)は口座開設後の行動に影響していない。

一方で、金融知識の自己評価を聞いたところ、「平均よりもかなり劣る」と回答した人の非稼働率は一般NISA口座開設者で62.7%と高い。また将来の収支を含めた生活設計の策定度合いを調査した結果、設計を考えていない人ほど非稼働率が高くなった。金融に対する自信や意欲といったコンピテンシー(非認知能力)がNISA口座開設後の行動に影響している。

政府は2024年に「新NISA」(仮称)を始める予定。金融コンピテンシーも念頭に置いた口座開設促進策が求められる。

ネット通販「関西と関東」の違い
購入比率の高い商品が対照的

・りそな総合研究所「ネット通販市場の急拡大~関東と関西で異なるトレンド〜」(2022年7月1日)

・りそな総合研究所 大阪本社 主席研究員 荒木秀之

次ページネット通販を利用する人とその購入傾向
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内