有料会員限定

円安・原油高で日本が「経常赤字国」に転落する日 どこまで下落・高騰したら年間で赤字になるか

✎ 1〜 ✎ 33 ✎ 34 ✎ 35 ✎ 最新
拡大
縮小

有力機関による調査・研究リポートからビジネスに役立つ逸品をえりすぐり、そのエッセンスを紹介。

日本が「経常赤字国」になる条件
最も重要な要素は原油価格

・第一生命経済研究所「日本が経常赤字国になる条件」(2022年4月4日)

・第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 星野卓也

ウクライナ情勢の影響もあり、原油価格が高騰。日本の経常収支にどれほどのインパクトを与えるのか(写真:PIXTA)

日本の経常収支が昨年12月と今年1月の2カ月連続で赤字となり、「経常赤字国」化が懸念されている。本リポートは、原油価格・為替・インバウンド需要の3つを変数として、2026年までの経常収支のシミュレーションを行った。

22年以降、原油価格(ドバイ)が1バレル=80ドル・100ドル・120ドル、ドル円レートが1ドル=110円・120円・130円でそれぞれ推移した場合ごとに分析した。

それによれば、経常収支を左右する最も大きな要素は原油価格だ。120ドルで定着した場合、経常赤字が現実味を帯びる。コロナ禍の渡航制限がなかった場合の26年時点の訪日外国人数は推計約5900万人で約6兆円の黒字要因となり、インバウンド需要の回復も重要だ。

経常黒字下での円安は、一般に黒字拡大要因とされるが、日本では、輸出額よりも外貨建てシェアの高い輸入額の規模が大きくなるために、経常収支全体の黒字縮小・赤字拡大要因になりうることも示された。今回の分析では、原油価格100ドルでもドル円レートが130円になれば、(インバウンド需要の回復は見込まない)22年の経常収支は赤字と試算された。

コロナ禍で進むエンタメ界のDX
ライブ配信からメタバースへ

・東レ経営研究所「コロナ禍で進むエンタメ業界・オタク界隈のDX」(2022年3月31日)

・東レ経営研究所 産業経済調査部 研究員 山口智也

エンターテインメント・オタク市場は2000年代以降、ライブやコンサートなど「リアル」志向を強めてきた。そのためコロナ禍のイベント制限の影響は甚大だ。本リポートは、同市場がリアル志向を強めた背景と、コロナ禍の苦境を打開すべく進めているDXの動きを概観する。

次ページライブ配信の強化と今後の課題
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内