働かぬタカリ屋は、身内であっても絶縁せよ

借金地獄!放蕩な父と姉をどうするべきか

何とおカネを借りる者たちのウソのセリフの似ていること。きっと貴女のお姉様も、泣き落としから母親が心配することまで、いろいろ手段を講じているに違いありません。お母様も悩みながら送金しておられるのは想像がつきますが、お姉様は母親が泣きごとを言って値打ちをつけているだけで、まだまだ母親はカネを持っていると信じています。そうでなければ恐ろしくて、遊んでなどいられないはずから。

久美さん始めこの種の被害者は、同時に加害者にもなります。遊んでおカネをせびって暮らせる人がいるということは、そのおカネの供給者がいるということです。供給者が自分のおカネでやりくりしているなら、他人がどうこう言う筋合いはありませんが、いくら善意が動機でも、第三者に迷惑をかけて、その不真面目な生活を応援するのは、厳しい言い方をすれば間接的に同罪です。

堕落した怠け者には、言葉ではなく行動で伝えよ

以前のコラムでも紹介した人ですが、どうしてもこの人に再登場願わねばなりません。晴夫(仮名)は大きな商いをしていましたが、ギャンブルに手を染めて、商売は順調なのに金繰りが悪くなり開店休業。母親のおカネを商売再開のためと偽って、ずるずる1億円以上引っ張り、使い込みました。

母親亡きあと、傷心癒えない姉の徳子(仮名)に、晴夫は借金を申し込みました。母親は自分のおカネも徳子と口を合わせ、徳子から借りてきたと偽って貢いでいました。返済せねばならないおカネであることを念押しするためです。

晴夫の申し出た金額は、商売を再開するために要る最低の車の台数の車検代・数十万円でした。晴夫からすれば、これまで莫大に応援してくれた姉が出せない金額ではありません。徳子はカネ離れのいい子で、実家の改築費用から親の生活費・旅行代から小遣いまで、惜しみなく実家に使う子でした。数十万円など、彼女にすればポケットマネーですが、これを断るといいます。

私が、「今度立ち直らないと、あの子は一生ダメになる。その金額で立ち直るなら安いもので、ダメでも被害は少ないから、貸してあげたら?」といいました。

ここからが目から鱗で、私は若い徳子に教えられたのですが、彼女は言いました。「一度でも貸すと、あの子は母親と同じように、私からも理由があれば借りられると思ってしまう。私は母と同じ過った道を、一歩でも歩まない姿を、あの子にみせてやります」。

次ページその後の晴夫は……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。