シャオミ、米国でオンライン販売開始へ

スマホは当面扱わず

 2月12日、中国のスマートフォンメーカー最大手、小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、ヘッドホンやスマートリストバンドといった製品のオンライン販売を数カ月以内に米国で開始する。北京で2014年7月撮影(2015年 ロイター/Jason Lee)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 中国のスマートフォンメーカー最大手、小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、ヘッドホンやスマートリストバンドといった製品のオンライン販売を数カ月以内に米国で開始する。ライバルである米アップル<AAPL.O>のお膝元への進出第一歩となるが、モバイル機器は当面扱わない。

小米の共同創業者兼総裁の林斌氏は12日、記者団に対し、初のオンライン販売サイト「Mi.com」を開設し、米消費者向けに製品を直接販売すると明らかにした。

スマホやタブレット端末を当面扱わないのは、米国の通信業界をめぐる商慣行が自社のコスト面の優位を損なうためなどとした。当初は米消費者へのブランドの浸透に専念する。

小米はまた、今年上期にブラジルでの販売を開始するにあたり、同国での製造パートナーが近く決まりそうだと明らかにした。

小米は創業から5年の新興メーカーだが、低価格やユーザーとの密接な関係を武器に急成長。現在ではインドを含むアジアでのオンライン販売にも力を入れている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT