8月にも大きな波が来る。原油価格は容易に100ドルを割らない《アフリカ・中東政情不安の影響/専門家に聞く》


--リビアの政権崩壊のインパクトは。

一つは政治的なインパクト、もう一つは石油に関わるインパクトが考えられる。

政治的インパクトでは、強権国家のリビア崩壊で、比較的強権でない国の民衆が勇気づけられ、政治・経済改革を要求して反政府デモを強めるだろう。また、同様の強権的な国家であるシリアやイランにも波及し、大きな争乱が起きるのではないか。

石油へのインパクトでは、リビアは当面混乱するため、今のように生産量が半分の状況が続けば、輸出先の80~85%を占めるイタリアやドイツ、フランスなどの欧州のマーケットがタイトになってブレント価格を高止まりさせ、他の米国のWTIや中東産ドバイ原油が上がるということになる。そうすると、米国や日本などのガソリン価格が上がり、石油製品価格にも反映されて、世界経済の下振れリスクが高まる。

--リビアの反体制側が油田を支配しても、生産は戻らないか。

リビアの石油生産は基本的に外資との合弁。従業員も外国から来ている。彼らが全部出て行ったため、現政権が倒れても内政が安定しているかどうかが問題となる。安定が遅れれば、石油生産は停滞したままとなるだろう。

カダフィ体制崩壊後も受け皿が一本化するかもわからないし、カダフィ派の残党が事件を起こすかもしれない。そういう状況がある限り、正常化は難しいので、月単位で情勢を見守ることになるだろう。

■焦点はサウジへの波及、目先は3月11日のデモ注目

--今後の焦点は。

やはりサウジアラビアに本格的に波及するかどうか。

現在、バーレーンで国民の70%を占めるシーア派が政府に圧力をかけているが、同国には米国の第5艦隊もあり、米国の要請も受けて暴力的な対応をやめ、対話しようとしている。これが反政府派を勢いづかせ、最初は首相交代など穏健的な要求だったのが、最近は王国体制自体の変更を要求するまでになっている。

そのシーア派の住民がサウジの東部にも人口の15%の200万~300万人程度いる。東部はサウジの油田地帯であり、国営石油会社アラムコの従業員の最低40%はシーア派。バーレーンでシーア派の要求が通れば、同様に経済的、社会的な差別待遇を受けているサウジのシーア派の住民も同様の要求を行い、場合によっては労働争議が起きて石油の生産・出荷が一時的にも止まるような可能性がある。それがいちばんのリスクだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。