55歳で婚活挑戦「恋愛ほぼ未経験女性」の前途多難 「孤独死はイヤ」だが理想の相手に巡り会えず…

✎ 1〜 ✎ 141 ✎ 142 ✎ 143 ✎ 最新
印刷
A
A
コロナ禍で増えているという中高年の婚活者。運命の人と出会える道は険しいようです(写真:8x10/PIXTA)
コロナ感染は落ち着く様子もなく、どうやら第7波に入ったようだ。コロナ禍になって2年半が経つが、コロナウイルスが蔓延するようになってから、働き方や人と人とのコミュニケーションのあり方が変わってきた。
婚活業界では、40代後半、50代、60代の中高年婚活者がグンと増えた。コロナによって社会が閉塞的となり、孤独と寂しさを感じたからだろう。しかし、この年代は婚活に結果を出せずに苦戦している。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、結婚を切望する中高年の婚活者たちが、なぜ婚活に苦戦するのか。その理由と問題点を一緒に考えていきたい。

中高年独身者は、コロナ以前も結婚したくなかったわけではなく、“良い出会いがあったら、結婚もしてみたい”と漠然と思っていたのではないか。しかし、普通に生活をしていたら、結婚対象となる異性との出会いは、まず訪れることはなかった。

この連載の一覧はこちら

そんななかで、日々仕事は忙しく、休みになれば趣味や気の置けない仲間との会食を楽しんでいた。そうやって年を重ねていたのだが、コロナで環境がガラリと変わった。

得体の知れないウイルスにおびえながら、部屋に1人でいた独身者は、これからの自分の人生を見つめ直したのだろう。部屋で孤独死している自分を思い描いた人もいたかもしれない。

両親はすでに他界、将来の孤独死が怖い

1年前に入会面談にやってきたみよこ(55歳、仮名)も、そんな1人だった。上場企業に勤め、キチンとした収入はあるものの、「このまま1人で生きていくのは不安」と、入会面談にやってきたときに言った。

「今は仕事があるし、職場には仲間もいるけれど、退職してからのことを考えると、1人で年をとっていくのが怖くなります。ご老人が孤独死したニュースを見聞きすると、他人事とは思えないんです」

みよこの両親はすでに他界していた。4つ下の弟がいるが、30代で結婚して2人の子どもを授かり、幸せな家庭を築いている。

「私は両親が暮らしていた実家に、今1人で住んでいます。木造の一軒家なので1人で暮らすには広すぎるし、冬は寒くて、夏は暑いんです。そこに、コロナになってから1人でいたら、胸が締め付けられるくらいさみしくなりました」

次ページ深い付き合いをしたことがない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT