ITエンジニアと意思疎通できない経営感覚のズレ 貴重な戦力の離職を招く間違いのポイント

印刷
A
A
(写真:kou/PIXTA)
デジタル変革により、ITエンジニアなどのDX人材を採用する企業が増えている。しかし、ITエンジニアを雇用したものの、他部署との特性の違いゆえに互いにうまく意思疎通が図れないことも。コンサルタントとしてITエンジニア採用やチームビルディングに関わっている久松剛氏に、ITエンジニアの志向について解説してもらった(※本稿は『ITエンジニア採用とマネジメントのすべて 「採用・定着・活躍」のポイントと内製化への道筋が1冊でわかる』より一部抜粋・編集してお届けします)。

ITエンジニアの志向の傾向

ITエンジニアではない経営層の人と話をしていると、「開発者が何を考えているのかわからない」という声を多く聞きます。ITエンジニアの担当領域の専門性が高いことに加え、IT技術トレンドの変遷が早いことから、ITエンジニアの特性について難解な印象を抱く人が少なくありません。ここでは特徴的なITエンジニアの志向をいくつか紹介します。

木を見て森を見ずと言うものの、木と向き合っているので木ありきで考える

組織改善の文脈でよくもらう相談としては、「強すぎる営業組織(Biz)に対して開発組織(Dev)のプレゼンスを高めたい」という悩みもあれば、「開発組織に営業組織が遠慮してしまい、どうにも制御できずに開発遅延が続いている」「履歴書を見る限り優秀な人材が揃っていると思うのだが、その優秀さを活かし切れていない気がする」という悩みもあります。

Bizが強すぎると開発サイドには社内受託感が拡がり、逆にDevが強すぎると妙な忖度とともに開発遅延が起きたり、企画部門が思い描いたアウトプットイメージと違うものができたりしがちです。

ビジネスではBizとDevのバランスを取ることがゴールではあるものの、お互いの生態が違いすぎるがゆえに相互理解できないという現状があります。

課題があると解きたくて仕方がない

Biz側からの相談で「社内のITエンジニアに『こういうことってできる?』と話しかけたところ、急にそれまでの作業の手を止め、ものづくりを始めてしまった。質問しただけであってまったく急ぎではないのに時間を使わせてしまったようで申し訳ない」というものがあります。

差し込みで業務依頼を受けやすいポジションのITエンジニアに多い傾向にありますが、何も指定のない「こういうことってできる?」という問いに対して、ITエンジニアは、「できる」「できない」の判断を求められていると捉えず、「今この作業をしてもらうことはできるか?」という要求として捉えることがあります。

こうしたコミュニケーションを取ってしまうITエンジニアに対しては、質問なのか要求なのかを明確にしたうえで、必ず期限や優先順位をあわせて伝達する必要があります。

次ページ集中を遮られることを嫌がる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT