『ツーリスト(The Tourist)』--観光客が日本を救う《宿輪純一のシネマ経済学》

本作品はハリウッドの2大「ドル箱スター」(今はドル安基調なのでこの言い方しませんね)のアンジェリーナ・ジョリー(35歳)とジョニー・デップ(47歳:ウサギ年の歳男)の贅沢な組み合わせ=初共演によるサスペンスである。

どうでもいい話であるが、実は小生は彼と同い年である。そして映画業界では同い年で頑張っている方が多い。前後1年ぐらいは誤差として含めると、ほかにもトム・クルーズ、ブラッド・ピット、ニコラス・ケイジ、ラッセル・クロウ、ジェット・リー(李連杰)などがそうで、監督ではクェンティン・タランティーノもいる。私はそろそろ……という感じであるが、彼らは今が絶頂期である。勝手に刺激を受けて、頑張る糧にしている。

さて、この『ツーリスト』であるが、最近はやりのリメイクである。元の映画はフランス映画『アントニー・ジマー』(2005年)であり、今回はドイツ/オーストリア国籍のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督(長い!)がメガホンを取った。
 
 彼はこの前の作品『善き人のためのソナタ』(06年)でアカデミー外国語映画賞を受賞したが。
 
 ストーリーは、アメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)が傷心を癒やすためイタリアを訪れていた。映画でよくある話であるが、ベニスに向かう列車の中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられ、魅力あふれるエリーズに誘われるがまま、アバンチュールに酔いしれる。

しかし、世の中それほど甘くない。お約束どおり、知らないうちに巨大な事件と陰謀に巻き込まれていき、フランクも追われる身となる。そして、ラストのどんでん返しにはアッと驚くとなる。きっと楽しめよう。

さらに、この映画の撮影地であるベニス、パリ、そしてローマの風景が大変に美しい。本作品の『ツーリスト』の気分で味わうことができる。私も旅行は大好きである。しかし、この旅行者というか観光客が日本経済を救う可能性もあるのだ。

昨年6月に閣議決定された「新成長戦略」の成長分野として観光立国があげられており、それも「観光は少子高齢化時代の地域活性化の切り札」とされている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT