シャープ、テレビ不振で再び赤字転落

現行の中計は断念、新中計を5月に公表

 2月3日、シャープは、2015年3月期の連結最終損益が300億円の赤字(前年同期は115億円の黒字)になると発表した。同社のロゴマーク。昨年2月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 3日 ロイター] - シャープ<6753.T>は3日、2015年3月期の連結最終損益が300億円の赤字(前年同期は115億円の黒字)になると発表した。従来予想の300億円の黒字から一転して赤字となる。

13―15年中期経営計画の達成は2年目で断念し「抜本的な構造改革を踏まえた新たな中期計画」(高橋興三社長)を策定し、5月に公表する。

売上高予想は前年比0.9%減の2兆9000億円を据え置いた。営業利益予想は同53.9%減の500億円(同1000億円)に下方修正。

液晶テレビ事業が、北米で競争が激化し、デジタル情報家電事業の営業利益は黒字計画から120億円の赤字に陥ることが響く。

さらに、太陽電池事業も円安で国内事業の採算が悪化して赤字に転落する。円安進行で輸入製品の採算が悪化した白物家電事業は、従来計画の190億円から180億円に下方修正した。

また、中国のスマートフォン(スマホ)向けの中小型液晶は、価格低下で採算が悪化。得意の高精細液晶の市場で、ジャパンディスプレイ<6740.T>との競争が激化した。今期の液晶事業の営業利益計画は、従来計画の550億円から400億円に下方修正。液晶事業は連結営業利益の8割を占める。

また、タブレット端末用液晶の出荷も想定を下回った。中国のスマホメーカー小米科技(シャオミ)のタブレット端末向けの中型液晶も、ジャパンディスプレイが取引を開始し、シャープの出荷に響いた。

次ページ絶対にやり遂げる中計作る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT