シャープ、テレビ不振で再び赤字転落

現行の中計は断念、新中計を5月に公表

 2月3日、シャープは、2015年3月期の連結最終損益が300億円の赤字(前年同期は115億円の黒字)になると発表した。同社のロゴマーク。昨年2月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 3日 ロイター] - シャープ<6753.T>は3日、2015年3月期の連結最終損益が300億円の赤字(前年同期は115億円の黒字)になると発表した。従来予想の300億円の黒字から一転して赤字となる。

13―15年中期経営計画の達成は2年目で断念し「抜本的な構造改革を踏まえた新たな中期計画」(高橋興三社長)を策定し、5月に公表する。

売上高予想は前年比0.9%減の2兆9000億円を据え置いた。営業利益予想は同53.9%減の500億円(同1000億円)に下方修正。

液晶テレビ事業が、北米で競争が激化し、デジタル情報家電事業の営業利益は黒字計画から120億円の赤字に陥ることが響く。

さらに、太陽電池事業も円安で国内事業の採算が悪化して赤字に転落する。円安進行で輸入製品の採算が悪化した白物家電事業は、従来計画の190億円から180億円に下方修正した。

また、中国のスマートフォン(スマホ)向けの中小型液晶は、価格低下で採算が悪化。得意の高精細液晶の市場で、ジャパンディスプレイ<6740.T>との競争が激化した。今期の液晶事業の営業利益計画は、従来計画の550億円から400億円に下方修正。液晶事業は連結営業利益の8割を占める。

また、タブレット端末用液晶の出荷も想定を下回った。中国のスマホメーカー小米科技(シャオミ)のタブレット端末向けの中型液晶も、ジャパンディスプレイが取引を開始し、シャープの出荷に響いた。

次ページ絶対にやり遂げる中計作る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT