リスクシナリオはバーレーン、サウジへの飛び火、目的が経済的要求から政治・宗教へ変化《アフリカ・中東政情不安の影響/専門家に聞く》

国際通貨研究所
糠谷英輝・主任研究員

--短期間で燎原の火のように暴動が広がっています。政権打倒の動きはどこまで波及するのでしょうか。

高い失業率、産業の育成が進まない中で、人口は増え続け、常にリスクは抱えていた。そこへ食糧価格の高騰が起きて一気に不満が爆発した。しかし、ここへきて、動きは変質してきている。問題が経済的要求にとどまらなくなった。経済の問題の背後にあるのは独裁的な政治体制だ、という意識が高まり、フラストレーションの対象が政治に移った。

これまで、中東諸国は経済的に豊かなので、おカネを配ったり、食糧の1年間の無料配給を行うなどおカネで解決できると見られていた。しかし、おカネを出しても民衆が満足しない状況になってきている。

やはり最大の注目点は、バーレーンに政権打倒の動きが波及するかどうかだ。少数のスンナ派が多数のシーア派を抑圧し、宗派間で経済的な格差が大きいため、宗派間対立が激化する可能性がある。経済から、政治、宗教へと問題が変わってきている。

バーレーンの王制が揺らぐような事態になれば、スンナ派の盟主であるサウジアラビアに波及する可能性が高い。各地のシーア派を支援しているイランが乗り出してくる恐れもある。

いまはイランも足元でデモが起きており、それどころではないが、自国の内部が落ち着けば、かねてから自国の領土だと主張しているバーレーンに手を出してくる可能性がある。

米国は親米政権であるムバラク政権の崩壊をどうにもできず、途中で見放したので、米国はもはや頼りにならないと見られている。米軍第5艦隊の基地がバーレーンにあるが、どう動くかが難しい。2001年の9.11同時多発テロ以来、国民感情は反米的になっている。王制をサポートする姿勢を見せれば現地の反米感情が確定してしまう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT