コロナ禍でも「生活を楽しめた人」と不満な人の差 「ITスキル」の高さが生活満足度を支えた実態

印刷
A
A

落ち込みを見せた2020年12月時点のデータだけに着目し、どのような要因が生活満足度に影響を及ぼしたのかを分析したところ、現在の所得水準や今後の所得見通しが生活満足度に大きく影響していることが確認できた。現在の所得水準が低い、あるいは今後の所得の見通しが悪ければ生活満足度は低くなる。

そして年齢が上がるほど生活満足度への負の影響が大きいことも確認できた。コロナウイルスによる生命への脅威は高齢者ほど大きいから、そのような健康面での不安が反映されているといってよい。他方、男女で生活満足度の有意な差は見られなかった。確かに3月と比較すると生活満足度の「下落幅」は女性のほうが大きいけれど、12月のデータだけを見るとわかるように、性別での差はほとんどない。

女性の生活満足度がコロナ禍によって大きく下がった要因はコミュニケーションにありそうだ。回答結果を詳しく分析してみると、「コロナ禍以前より対面コミュニケーションが減った」と回答している人ほど、生活満足度が低くなるのだが、こう答えた人の比率が圧倒的に高いのが女性だったのである。

ITスキルが高い人は生活満足度が高い

次に生活満足度を逆の視点から見てみたいと思う。それは、コロナ禍を経験してもなお生活満足度が高い人はどんな特徴を有しているのか、という問いかけである。まず先ほどの裏返しになるが、所得は大きな要因の1つで、現在の所得水準が高い人、あるいは将来の所得見込みが明るい人の生活満足度は当然高い傾向にある。

そのほかに、生活満足度を高く維持している人の特徴として、ITスキルを多く保有していることが指摘できる。これは、先ほど指摘した中高年層ほど生活満足度の落ち込みが大きい、という点とも整合性がある。われわれの調査結果にもあらわれているように、若年層のほうが中高年層よりもITスキルを保有しているからである。NRIは、2020年12月に実施したアンケート調査で、回答者のITスキルの有無についても聞いている。表計算ソフトが使えるか、プレゼンテーション資料が作れるか、画像処理ソフトが使えるか、プログラミングができるか、ウェブページを作れるか、など9項目からなり、お金を稼げるレベルのITスキルを保有しているかを聞いている。

回答者をITスキルなし(9項目すべてのスキルがない)、ITスキル少(1〜2項目のITスキルを保有)、ITスキル多(3項目以上のスキルを保有)の3区分に分けて生活満足度の分布を調べてみたところ、ITスキルが多い人ほど生活満足度が高くなるのがわかった。

ただしもう少し厳密に検証する必要がある。もしかするとITスキルが多い人は所得も高い傾向にあって、ITスキルではなく所得の多さと生活満足度の関係をあらわしているだけかもしれないからだ。そこで回帰分析を行うことで、所得水準や性別、年齢、対面コミュニケーション量の変化などほかの要因の影響を取り除いたところ、それでもITスキルが高い人ほど生活満足度が有意に高くなることが確認できた。コロナ禍を乗り越えるうえで、各人のITスキルが重要な役割を果たしたということだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT