老後には2000万どころか「4000万円」は必要なワケ 月15万円あれば十分という人でこれくらい必要

印刷
A
A

こういう話をすると、よく出てくるのが「日経平均株価にアウトパフォームかアンダーパフォームか」というような議論です。すなわち、自分が達成した利回りが日経平均株価の騰落率よりも上回った(アウトパフォームとなった)か、下回った(アンダーパフォームとなった)か、ということなのですが、そんなことはあまり気にしなくてもいいのです。

日経平均株価は、マイルドなインフレを前提とするならば、ざっくり言えば結果的な平均値として年率で1~3%くらいは上昇していくことになるでしょうから、市場参加者の平均的な利回りも、そのくらいは達成できることになるのでしょう。

アウトパフォームできなくても悲観しなくていい

ただ、そういったことよりも大事なことは「生活実感として、期待した利回りがちゃんと出せたかどうか」なのです。

平たく言えば、「自分の期待利回りが4%だとして、投資資金が5000万円だとしたら、長期的かつ平均的に毎年200万円の利益を出せるかどうか」が重要だ、ということです。それも「平均で」なので、利益が100万円の年もあれば300万円の年もあっていいというわけです。

60歳までに「お金の自由」を手に入れる! (PHPビジネス新書)
『60歳までに「お金の自由」を手に入れる! 』(PHP研究所新書)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

なお、株式投資の利回りが日経平均株価の騰落率よりも上回る(アウトパフォームとなる)投資家というのは、プロのファンドマネージャーの中でも、上位5〜10%くらいしかいないといわれていますので、アウトパフォームできなくても、悲観する必要はないと思います。

つまり、大事なことは「生活実感に合わせたざっくりとした利回り計算」でいいので、自分が達成できる期待利回りを把握することなのです。そうすれば、それをベースとした運用成績が期待できるようになり、インフレが起きようと、老後の経済設計は安定します。

私が大学院生の頃に、同期の友人から聞いた英語の格言に「The assets you never lose are knowledge and expertise」というものがあり、私はとても気に入っています。訳すと、「あなたが失わない財産は、知識と専門能力だ」となります。

「運用能力」という「専門能力」は、ひとたび身につけてしまえば、失うことはないのです。だから、老後の経済設計が安定するのです。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT