活況を呈する「Jリート」 創設10年目の課題

不動産投資信託、いわゆる「Jリート」への投資家の関心が高まっている。東京証券取引所が公表しているリート指数は秋口から上昇。1月4日には1156ポイントと、直近高値をつけた。2000億円以下で低迷していた月間売買代金も昨年11月に3000億円超、その後2カ月は4000億円を超え、取引も活発化している。

きっかけの一つは昨秋、日本銀行が決めたJリートの買い取り。金額は500億円程度、買い取り対象もダブルA格付け以上と規模や対象は限定的ながら「アナウンスメント効果は十分だった」(証券アナリスト)。

何よりこの低金利下で、ほかの金融商品と比べて高い分配金利回りが着目されている。足元リート価格が上昇しているため、利回りは若干低下しているが、10年国債の金利が1・3%程度であるのに対し、Jリートの平均的な分配金利回りは4~5%と、国債比で3~4%のスプレッドをとることができる(下図)。

Jリートを組み込んだ投資信託の売れ行きも好調だ。新光投信の「新光J-REITオープン」は注文が殺到し、昨年12月に一時販売を停止。為替リスクと組み合わせた「通貨選択型」投信も人気で、東京海上アセットマネジメント投信の増田顕範ファンドマネージャーは「昨年11月の設定開始以来、想定以上の資金流入がある」と話す。

リート各社も資金調達と不動産物件の取得を活発化させている。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT