「ソルテラ/bZ4X」比較でわかった味付けの違い サウンドシステムの違いも乗り味を左右する

印刷
A
A

全体の感想としては、ソルテラと比べ“しんなり”した印象で、万人向きというイメージだ。とても自然体で乗れて、すっきりとした心持ちとなる。一方で、パフォーマンスの高さも実感した。

新東名での時速120km区間では、高速巡行からの追い越しで、大排気量の上級チューニングカーを連想するような迫力ある加速を見せたのだ。

もっとも驚いたのは、日本平でのワインディング路でのハンドリングと走り味だった。低速コーナーが続いても、少ない操舵角でスーっと旋回し、BEVとしての重量をあまり意識させないのだ。

「bZ4X」日本平でのコーナリング(写真:トヨタ自動車)

また、ソルテラのようにパドルシフトはないが、コーナー進入時のブレーキングにともなう回生力のかかり方(タイミングと量)が、絶妙にコントロールされている。そこから、コーナーにスっと入っていくため、安心感がとても高い。

ハーマンカードン/JBLによるサウンドの違い

ソルテラとbZ4Xには、ハンドリングや走り味でスバルとトヨタそれぞれの味があり、いわゆる兄弟車であっても単なる“バッジ換え”という印象はまったく持たなかった。

加えて、印象的だったのが、車内サウンドシステムによる違いだ。

ハーマンが、ソルテラとbZ4Xの個性に合わせて、それぞれハーマンカードンとJBLで専用設計を施している。その違いが、実によくわかるのだ。

「ソルテラ」のスピーカー構成図(写真:SUBARU)

ハンドリングと乗り味でかっちり感を強調するソルテラでは、ハーマンカードンの11スピーカーシステムが、音質は明瞭でもどこかふんわりとした音場を作ってくれている。

一方、しっかりの中で“しんなり”な乗り味を持つbZ4Xでは、フロントのワイドディスバージョンスピーカーと2.5cmのホーンツイーターから、明瞭度の高い音質が伝わるなど、音場で演奏者の存在感をくっきり感じるのだ。

BEVは静粛性のみならず、パワートレインからの振動も少ないために、こうしたサウンドシステムにおける差を乗員がしっかり感じ取れる。

擬似的なエンジン音を発するわけではなくても、車内が静かなBEVではオーディオサウンドも印象を左右するファクターであると改めて実感した。

ソルテラとbZ4X、母体は同じでもドライバーの感じ方ははっきり違う。そう感じた長距離比較試乗だった。

この記事の画像を見る(6枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT