サムスン電子、復活をめぐり韓国で大論争

アナリストの見方は「真っ二つ」

1月14日、ニューデリーでタイゼンOSを用いた端末「Z1」を発表した(写真:ロイター/アフロ)

「底打ちはしたが……」。韓国証券市場の時価総額の2割を占めるサムスン電子。低迷を続けてきた業績は、上向いた。同社の2014年第4四半期(10~12月期)決算(2015年1月8日に発表の速報値)は、売上高52兆ウォン(1ウォン=約0.11円)、営業利益5兆2000億ウォンだった。前四半期の売上高47兆4500億ウォンより9.59%、営業利益4兆ウォンより28.08%増加した。

サムスン電子は事業部門別の数字は発表しなかった。だが、韓国KDB大宇証券によれば、半導体とディスプレーが主体のDS事業部門は14年第4四半期に約2兆9000億ウォン前後の営業利益をあげたと推定。3兆ウォンの営業利益を予想する証券会社もある。

DS事業部門は2010年以降、四半期ごとに3兆ウォン以上の営業利益を記録したことはない。スマートフォンと情報通信(IT)のIM事業は1兆9000億ウォン、消費者家電(CE)部門は4000億ウォン前後の営業利益を上げたと予想されている。

アナリストは目標株価を相次ぎ上方修正

不振にあえいでいたサムスン電子が第4四半期に期待以上の実績を記録すると、証券業界は一斉に目標株価を引き上げた。同社の決算発表後、同社関連のアナリストレポートを発表した証券会社は全部で14社。

それを見ると、目標株価を最大170万ウォン台まで上方修正したところもある。LIG投資証券が145万ウォンから175万ウォンと引き上げたのを筆頭に、NH投資証券も165万ウォンに。ハイ投資証券も156万ウォンから163万ウォンへと上げ、IBK投資証券やアイエム投資証券、新韓金融投資、未来アセット証券はすべて160万ウォンを掲げた(編集部注:1月28日現在の株価は138万ウォン)。

普段はなかなか引き上げない外資系証券会社も、一斉に目標株価を変更した。CIMB証券が145万ウォンから155万ウォン、野村證券も160万ウォンから165万ウォンへ上方修正している。

次ページ半導体事業が親孝行役に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT