ブルーゾーン ダン・ビュイトナー著/仙名紀訳

ブルーゾーン ダン・ビュイトナー著/仙名紀訳

100歳を超える長寿者の多い地域をブルーゾーンと呼ぶが、その現地調査記録である。訪ねたのはイタリアのサルデーニャ島、沖縄、アメリカ南西部のロマリンダ、コスタリカのニコジャの4カ所。長寿者や住民との対話によって長寿の秘密を探ろうという狙いのもと、長寿者の日々の生活、食事、ライフスタイル、ものの考え方、家族関係、住民同士のつながりなどを調べている。取材する側、される側双方の細やかな描写が続き、テーマに即したゆったり感が楽しめる。

世界の100歳人に学ぶ健康と長寿のルールとして集約されるのは、(1)適度な運動、(2)腹八分目、(3)植物性食品の勧め、(4)適度な赤ワイン、(5)目的意識、(6)人生をスローダウンする、(7)なんらかの信仰心、(8)家族最優先、(9)人とつながる。もう一つ、笑いも大事だが、特に(5)~(9)は説得力がある。都会人のための助言もあり、(9)のルール中たとえ三つか四つでも実行できれば人生、変わってくるだろう。(純)

ディスカヴァー・トゥエンティワン 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。