日産、メキシコで新ピックアップ生産へ

「NP300フロンティア」を現地生産

 1月27日、日産自動車 は、ピックアップトラック「NP300フロンティア」の生産をメキシコで開始すると発表した。写真はロゴ、2014年10月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[メキシコ市 27日 ロイター] - 日産自動車<7201.T> は27日、ピックアップトラック「フロンティア」の6代目新モデル、「NP300フロンティア」の生産をメキシコで開始すると発表した。

同社の広報担当者によると、今年はメキシコで約5万台の生産を計画している。ほとんどは国内市場向けで、一部は中南米の諸国に輸出される。

生産はメキシコ中部のモレロス州の工場で行われる。日産はこれまでに新モデルの生産に向け11億ペソ(7539万ドル)を投資している。

メキシコ自動車工業会のデータによると、日産は2014年に同国で80万5871台を生産、生産台数で首位だった。

人気記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。