日産、メキシコで新ピックアップ生産へ

「NP300フロンティア」を現地生産

 1月27日、日産自動車 は、ピックアップトラック「NP300フロンティア」の生産をメキシコで開始すると発表した。写真はロゴ、2014年10月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[メキシコ市 27日 ロイター] - 日産自動車<7201.T> は27日、ピックアップトラック「フロンティア」の6代目新モデル、「NP300フロンティア」の生産をメキシコで開始すると発表した。

同社の広報担当者によると、今年はメキシコで約5万台の生産を計画している。ほとんどは国内市場向けで、一部は中南米の諸国に輸出される。

生産はメキシコ中部のモレロス州の工場で行われる。日産はこれまでに新モデルの生産に向け11億ペソ(7539万ドル)を投資している。

メキシコ自動車工業会のデータによると、日産は2014年に同国で80万5871台を生産、生産台数で首位だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。