日産、メキシコで新ピックアップ生産へ

「NP300フロンティア」を現地生産

 1月27日、日産自動車 は、ピックアップトラック「NP300フロンティア」の生産をメキシコで開始すると発表した。写真はロゴ、2014年10月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[メキシコ市 27日 ロイター] - 日産自動車<7201.T> は27日、ピックアップトラック「フロンティア」の6代目新モデル、「NP300フロンティア」の生産をメキシコで開始すると発表した。

同社の広報担当者によると、今年はメキシコで約5万台の生産を計画している。ほとんどは国内市場向けで、一部は中南米の諸国に輸出される。

生産はメキシコ中部のモレロス州の工場で行われる。日産はこれまでに新モデルの生産に向け11億ペソ(7539万ドル)を投資している。

メキシコ自動車工業会のデータによると、日産は2014年に同国で80万5871台を生産、生産台数で首位だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。