日本だけが「出口なき金融政策」を実行する謎

実は歯止めが効いている、ECBの金融緩和策

つまり、世界で、日本だけが、異次元緩和という文字通り、異次元世界の、量的・質的緩和という得体の知れないものを行っているのだ。

出口なき道を歩んでいるのは日本だけ

しかも、出口については議論せず、国債をいつまで買い入れるのか見えてこない、出口のない道を歩んでいるのは、世界で日本だけなのだ。

さらに言えば、物価目標を一義的なメインの目標としているのは日本銀行だけであり、しかも、期待インフレ率という中央銀行にとっては直接コントロール手段を持たないものを動かそうとしているのは、黒田総裁だけなのだ。

米国のフォワードガイダンスは、金利の見通しであり、投資家たちの中央銀行の行動の将来予測をコントロールするための道具なのだ。金利は、まさに中央銀行が直接コントロールするものであるから、それへの投資家の期待を動かそうとするのは、自然であり、可能である。

一方、インフレ自体をコントロールできず、インフレの動きを注視することしかできず、インフレ目標と言っても、そこへ直接到達する手段を持たないのは、昨今の物価の動きを見ても明白であるから、さらに、その期待値をコントロールするなど、無謀と言うよりは理論的に不適切なのである。

このようにコントロールできないものをコントロールしようとし、しかも、2%の達成を何よりも優先するのであるから、達成が見えない以上、量的緩和の出口も見えず、量的緩和の大きな副作用が生じる可能性が極めて高くなっているのである。

したがって、今後、量的緩和の副作用を心配する必要があるのは、欧州ではなく、日本なのであり、世界で日本だけなのだ。それぐらい、世界的に異常な金融政策を行っているのが日本なのだ。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。