ケンタッキー、"禁じ手バーガー"に潜む狙い

「ビストロ風ハンバーグサンド」開発秘話

直営既存店客数の反転増が喫緊の課題だ(撮影:梅谷秀司)

これまでと同じことをしていては、客足は底ばいのまま。そんな思いを抱く近藤社長が、開発部隊から「ハンバーグで勝負したい」と懇願されたのは昨年春のこと。同年4月に社長に就任したばかりの近藤氏も、「今までのケンタッキーにない商品ができるなら、いいのではないか」と最初は思った。

しかし、社内からは「チキンを売りにしてきたケンタッキーが、なぜハンバーグを売るのか」という批判的な声が上がった。近藤社長も三菱商事から移籍してきたばかりで、そうした声に戸惑いも感じたという。それでも、「ケンタッキーに来たことのないお客さんを店に迎え入れたい」との思いが強かった近藤社長は昨年夏、開発陣にゴーサインを出した。

「開発期間の短縮」が課題だった

結果的に最初の構想から約1年で商品化にこぎ着けたわけだが、この“1年”という期間にも大きな意味がある。これまでケンタッキーが新商品の開発にかけてきた期間は、平均すると1年半程度。ロングセラーとなっている「レッドホットチキン」に至っては2年の歳月を要した。

いい商品を出すために時間をかけるのは大事なことだが、消費者のニーズが目まぐるしく変わる時代となり、開発期間の短縮はケンタッキーの課題だった。その点においても、今回の新サンドを1年で発売できたことは課題克服への第一歩ともいえる。

昨年9月からは、ケンタッキーとグループ会社の宅配ピザ専門店「ピザハット」の商品開発を近藤社長が直轄するようになった。意思決定の迅速化や開発スピードの向上が狙いで、「2015年以降は、より積極的に新商品を打ち出していく」(近藤社長)。

ケンタッキーの新たな商品戦略は、消費者にどのように受け止められるか。ハンバーグサンドの売れ行きが、今後も客数増の流れを継続していけるか否かの試金石となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT