米最高裁が「中絶の権利」覆すことで起きる事態 アメリカでは中絶事態が違法になってしまう?

印刷
A
A
アメリカで人工妊娠中絶の権利を認めた「ロー判決」を覆すとされる最高裁の意見書草案が漏えいしたことで、これに反対する動きがアメリカ各地で起きている(写真:Hilary Swift/The New York Times)

漏洩したアメリカ連邦最高裁判所の意見書草案は、人工妊娠中絶の権利を認めた「ロー対ウェイド判決」(ロー判決)を覆すものであり、実際に覆れば、中絶の適法性をめぐる判断は各州に委ねられ、過去半世紀には見られなかった状況がアメリカに立ち現れることになる。

最高裁の最終意見は6月に出るとみられているが、仮にその内容が今年2月に作成され、5月2日に政治専門メディア「ポリティコ」によって報じられた草案に近いものとなった場合、「リプロダクティブライツ(生殖に関する権利)」は、ほぼ即座に書き換えられることになるだろう。ロー判決の終わりが何を意味するのか。主なポイントをQ&A方式で整理した。

中絶は約半数の州で違法になる可能性

Q. ロー判決が覆ったら、中絶はアメリカ全土で違法になるのか?

A. ならない。中絶が合法かどうか、またどのような場合に合法になるかは、各州の判断となる。多くの州では引き続き合法となるだろう。中には、中絶規制に動くとみられる州に住む女性を助ける条項の整備を進めている州もある。現時点では、中絶の合法性はすべての州で維持されている。

Q. 中絶を受ける権利が変化する可能性が高い州は?

A. 予測によって違いはあるものの、中絶は約半数の州で違法になる可能性が高い。

中絶の権利を守る法廷闘争を行い、州法を丹念に追跡しているセンター・フォー・リプロダクティブライツによると、法的な条件が整えば、25州が中絶を禁止する公算が大きいという。

具体的には、アラバマ、アリゾナ、アーカンソー、ジョージア、アイダホ、インディアナ、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシガン、ミシシッピ、ミズーリ、ネブラスカ、ノースカロライナ、ノースダコタ、オハイオ、オクラホマ、ペンシルベニア、サウスカロライナ、サウスダコタ、テネシー、テキサス、ユタ、ウェストバージニア、ウィスコンシン、ワイオミングの各州だ。

次ページ中絶件数への影響は?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT