トヨタ「MIRAI」好発進、2016年から増産

2017年は年産3000台規模に

 1月22日、トヨタ自動車は、昨年12月に発売した燃料電池車「ミライ」の年間生産規模を来年以降に引き上げると発表した。写真は、トヨタの「ミライ」、2014年撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 22日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は22日、昨年12月に発売した燃料電池車「ミライ」の年間生産規模を来年以降に引き上げると発表した。2015年末までは約700台を計画しているが、2016年には約2000台、17年には約3000台に拡大する。

国内での受注は発売から約1カ月で1500台程度と年間の国内販売目標(約400台)の4倍近くに達しており、生産が追い付いていない。今秋からは欧米での販売も開始するため、需要に対応できる供給体制を整える。

 

(白木真紀)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?