トヨタ「MIRAI」好発進、2016年から増産

2017年は年産3000台規模に

 1月22日、トヨタ自動車は、昨年12月に発売した燃料電池車「ミライ」の年間生産規模を来年以降に引き上げると発表した。写真は、トヨタの「ミライ」、2014年撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 22日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は22日、昨年12月に発売した燃料電池車「ミライ」の年間生産規模を来年以降に引き上げると発表した。2015年末までは約700台を計画しているが、2016年には約2000台、17年には約3000台に拡大する。

国内での受注は発売から約1カ月で1500台程度と年間の国内販売目標(約400台)の4倍近くに達しており、生産が追い付いていない。今秋からは欧米での販売も開始するため、需要に対応できる供給体制を整える。

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。