これがデジタル時代のポルノ雑誌だ!

アートとエロの華麗な合わせ技

新しいタイプのアダルト誌を発行し注目を浴びる、創刊メンバーのサラ・ニコル・プリケット(左)とバークリー・プール(右)(写真:Ramsay de Give/The New York Times)

「ポルノ」と言えば、昔は『プレイボーイ』や『ペントハウス』を初めとする成人誌のことだった。店では子供の手が届かない高い棚に置かれ、客はこそこそと買って帰ったものだ。

『プレイボーイ』や『ペントハウス』が毎月、500万部かそれ以上売れていたのはそう昔の話ではない。文化の一翼を担う存在としても認められ、1986年には図書館が目の不自由な人たち向けに『プレイボーイ』を点訳するのを認めないことは、連邦議会が言論の自由を制限することを禁じた合衆国憲法修正第1条に違反するとの判決も出た。

ネットの無料画像で大打撃、だが……?

だが成人誌はインターネットに氾濫するヌード画像により大きな打撃を受け、発行部数は急減している。『ハスラー』誌を創刊したラリー・フリントは昨年夏、印刷媒体としての同誌の先行きはもはや長くないだろうと語った。

こうした老舗成人誌がネットへの進出を図る一方で、新たなタイプの成人誌が、専門誌を扱う店や独立系書店で売れ行きを伸ばしている。

新しいタイプの成人誌の数は10を超え、スタッフのほとんどが女性という編集部も少なくない。どの雑誌もヌード写真にアートやファッション、哲学を組み合わせて誌面を作っている。米国の『アダルト』に『25』、フランスの『イレーヌ』にオランダの『エクストラ・エクストラ』など……。

もちろんどの雑誌もヌード写真には力を入れている。だが同時に、成人誌をマットレスの下に隠すものからおしゃれなコーヒーテーブルに似合うものへと生まれ変わらせようとしている。

次ページ1冊、1000ドルや1万ドルで取引されることも!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。