CNNの「有料配信」始まったとたん葬られた理由 激化する競争、「CNN+」単独では商売にならない

印刷
A
A
鳴り物入りでスタートしたCNNの有料ストリーミング事業「CNN+(プラス)」は開始からわずか1カ月で終わりを迎える(写真:Andrew Mangum/The New York Times)

3月最後の月曜日の夕暮れ時。マンハッタンのミッドタウンにある高層ビルの101階には、CNNのスターたちが同局のストリーミング事業「CNN+(プラス)」の船出を祝うイベントに集まっていた。CNNプラスは、同ネットワークをデジタル時代に導くものと位置づけられていた。

CNNプラスで映画を監督したイーサン・ホークが同局の看板キャスター、アンダーソン・クーパーや、著名ジャーナリストのカール・バーンスタインらと歓談する中、ゲストらはミニサイズのロブスターロールをつまみつつ、ニューヨークの美しいスカイラインに目を奪われていた。

だが、その3週間後、彼らはCNNの新しいオーナーによって下界に引き戻されることになる。

サブスク市場が迎えた不穏な転機

4月21日、CNNプラスを4月いっぱいで打ち切りにするというワーナー・ブラザース・ディスカバリー(WBD)の突然の発表に、メディア界とテック業界には衝撃が走った。「極めて困難な決断だが、CNNの長期的な成功のためには適切なものだ」。CNNの次期社長クリス・リヒトはスタッフにこう語った。

全国的なマーケティングキャンペーン、数百人規模の新規採用、有名キャスターとの大型契約など、CNNが何千万ドルという大金をつぎ込んできたストリーミング事業にとって、今回の打ち切りは不名誉な幕引きとなった。

その2日前には、ネットフリックスが四半期ベースで加入者数が10年ぶりに減少したと発表したばかり。競争が激化し続けるストリーミング市場に参入する大手メディアにとって、今回の件は潜在的な警鐘になるものといえる。

次ページ複数のストリーミングサービスは必要か
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT