成功した創業者を多く輩出する28社ランキング 創業前に経験しておきたい理想的なキャリア

印刷
A
A

彼は顧客とのつながりを持つことの大切さを覚えていて、ピンタレストの最初のユーザー5000人に個人的にeメールを送り、反応を得た。ピンタレストの基本的なビジネスモデルも、グーグルをまねている。どちらも検索結果をユーザーに提示し、どちらも検索に関連する広告を混入させている。

ディディ(DiDi)の創業者CEOであるチェン・ウェイ(程維)も、成功する前に、何年も企業で働いたりスタートアップを立ち上げたりした経験があった。

チェンはアリババ(Alibaba)で6年、中国北部地域のセールス・マネージャーとして働いていた。のちに中国最大のサードパーティー・オンライン決済プラットフォームのアリペイ(Alipay)に移り、間もなく地域マネージャーに昇進した。

その後チェン・ウェイはディディを設立し、中国でのウーバーの事業を獲得し、何億人ものユーザーを抱え、世界へと事業を拡大することになる。

ブランド企業での経験がモノを言う!?

10億ドル達成企業グループの創業者CEOの約30パーセントは、他の会社で働いた経験を持たない。就業経験のある人の60パーセントは、名の知れたブランド企業で働いていた。

たとえばグーグル、マイクロソフト(Microsoft)、アマゾン(Amazon)、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)、マッキンゼー(McKinsey)。これら〝第1階層〟企業の雇用プロセスが厳格で、きわめて優秀な人材が集まることはよく知られている。

〝第2階層〟企業(大手で名の知れた会社だが、トップレベル人材の第一希望にはなりにくい、と定義する)で働いていた人は28パーセント。誰もが知るブランド企業での就業経験を持たない創業者は、たった14パーセントだった。

通常のスタートアップ企業(以下図中の「無作為グループ」)では、他の会社で働いたことがない創業者が16パーセント。第1階層企業での就業経験がある人は、10億ドル達成企業グループと比べると少ない。半分を少し上回るくらいだ。これが私が気づいた2つ目の重大な違いである。10億ドル達成企業の創業者のほうが、自分でつくった会社、あるいは第1階層企業で働いた経験を持つ確率が高い。

(外部配信先では図表やランキングなどの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

10億ドル達成企業の創業者は、自分の会社か第1階層企業で働いていたケースが多い。 (出所)『スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件』(出所:すばる舎、図版©Ali Tamaseb)
次ページ優秀な創業者を輩出している企業は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT