成功した創業者を多く輩出する28社ランキング 創業前に経験しておきたい理想的なキャリア

印刷
A
A
グーグル、オラクル、フェイスブック、アマゾンといった会社が10億ドル達成企業の創業者を多く輩出している。 (出所)『スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件』(出所:すばる舎、図版©Ali Tamaseb)

ブランド大学やブランド企業にいた経験を持たない創業者もたくさんいる。クレジット・カルマ(Credit Karma)の共同創業者のニコール・マスタードはマイアミ大学で学び、ピザハット(Pizza Hut)の研修マネージャーとして働いていた。ファイナンシャル・プランナーの資格を取ろうと決意したとき、彼女はロサンゼルスの小さなアパートに住んでいた。

数年間、仕事の経験を積み、コンピート・ドットコム(Compete.com ウェブのトラフィックを測定するITスタートアップでいまは存在しない)に営業部長として加わった。そこの提携先を開拓する仕事を通じて、Eローン(E-Loan)という会社で働いていたケネス・リンと出会ったのだ。マスタードと同じく、リンもブランド大学やブランド企業にいた経験はなかった。

人材輩出企業もまた時代によって移り変わる

しかしビジネスのアイデアはあった。消費者の信用スコアを、閲覧・監視しやすくすることだ。そしてマスタードは共同創業者として申し分ない。ファイナンシャル・プランニングの資格、強烈な職業倫理、仕事上のコネクション、はつらつとした態度。

彼らは共同でクレジット・カルマを立ち上げた。これは消費者のファイナンシャル・プランを助け、その人の信用スコアを点検して向上を目指すものだ。クレジット・カルマはその分野のトップとなり、8000万人のユーザーを集め、2020年にインテュイット(Intuit 金融ソフトウェア分野の公開会社)に71億ドルで買収された。

スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件
『スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件』(すばる舎)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

マスタードとリンは一流大学や一流企業とは縁がなかったが、それが事業を起こす妨げにはならなかった。彼らの会社は多くのユーザーに愛され、膨大な価値を生み出した。ブランドとは縁がなかったからこそ、ユーザーをよく理解し、顧客のために働く意欲を持てたとさえ言えるかもしれない。

私のデータには、2005年以降に設立された10億ドル達成企業がすべて入っているが、当時は社員の多い大手企業といえばヤフーなどだったことを指摘しておくのは重要だろう。いまは先述のように大きく様変わりしている。また、投資家は経営には向かないと思っている人がいるが、かなりの数の10億ドル達成企業の創業者が、ベンチャーキャピタル出身である。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT