腸を汚す「健康イメージの飲み物」意外すぎる4NG 「野菜ジュース」や「豆乳」の意外な盲点とは?

印刷
A
A

そもそも「アダムスキー式腸活法」というのは、食品を、腸を通過するのが「速い食品(ファスト)」「遅い食品(スロー)」に分け、この2種類を同時に摂取しないことで「腸のつまりを防ぐ」腸活法です。

このメソッドに従うと、お米やパンなどの「穀物」、肉や魚といった「動物性たんぱく質」、豆腐などの「植物性たんぱく質」、キャベツやニンジンといった「多くの野菜」が、「スローの食品」です。

一方で、トマトやパプリカといった「一部の野菜」、そして「果物」や「ヨーグルト」「はちみつ」などは、「ファストの食品」に分類されます。

したがって、食べ物を選ぶときには、この2つのカテゴリーを組み合わせないようにしたほうがいいというのが「アダムスキー式腸活法」の基本的な考えです。

それでは、「体によさそうな飲み物」なのに「NGの組み合わせの例」にはどんなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

【×NG例1】トマト入りの野菜ジュース(トマトジュースだけならOK)
オレンジの野菜ジュースとトマト(写真:taa/PIXTA)

食事の中でたくさんの野菜を食べるのは大変ですが、ジュースだと想像以上の量が摂取できるので、「体のために野菜ジュースを習慣にしている」という方も多いのではないでしょうか。

野菜の多くは「スローの食品」

「アダムスキー式腸活法」では、野菜の多くは「スローの食品」だと考えられています。ただし、「トマト」「パプリカ」「カボチャ」といった野菜は、例外的に「ファストの食品」に分類され、「ほかの野菜とは分けて食べたほうがよい」と考えられています。そのため、「トマトの入った野菜ジュース」は、「アダムスキー式腸活法」ではNGだと考えられているのです。

裏返すと、トマトだけを使った「トマトジュース」や、トマトと同じく「ファストの食品」である「果物」を組み合わせた「フルーツ入りのトマトジュース」は、OKということになります。

トマト自体は「アダムスキー式腸活法スーパーフード10」に挙げられているほど体にいい食品です。ぜひ「組み合わせ」に気をつけながら、上手に食事に取り入れていきたいですね。

次ページ「グリーンスムージー」なら大丈夫?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT