「宇宙葬」を亡き娘にプレゼントした夫婦の心情 費用は55万円で、遺骨の一部と髪の毛が「飛行」

印刷
A
A
スペースXのロケット「ファルコン9」。当日は朝から悪天候で、直前まで打ち上げが危ぶまれた(写真:SPACE NTK)
この記事の画像を見る(6枚)

4月2日1時24分(日本時間)、スペースX(エックス)社のロケット「ファルコン9」が宇宙へ打ち上げられた。そこに搭乗しているのは、「ことちゃん」こと長倉紀音(ことね)さん(享年7歳)。ことちゃんはアメリカ・フロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地を出発し、現在地上から500~600km離れたあたりで地球の周りを旋回している。

打ち上げの様子が配信された動画を、遠く離れた日本から見守っていたのは、ことちゃんの両親である長倉夫妻。

「死んでしまった金魚を埋めたとき、『空で泳いでいるかな、いつか空で会えるね』と空を見上げていました」と、ことちゃんの父、輝明さんは語る。

4歳で脳腫瘍が見つかり闘病生活が始まった

ことちゃんに異変があったのは2005年、4歳を迎えた直後のことだ。検査で脳腫瘍が見つかりそこから闘病生活がはじまった。空が好きだったということちゃんは、切った折り紙を壁に貼って天の川を作ったり、天の川の絵日記を書いていたものだった。

病室の天井に飾られたペーパークラフト(写真:長倉さん提供)

ことちゃんが見上げる病室の天井はとてもカラフル。輝明さん曰くこれらは「自分のひまつぶしに」つくったペーパークラフトだそうだが、動物や魚、ロボットやキャラクターなどが、病室の限られた空間でことちゃんと一緒にゆったりと時間を共有していたに違いない。

ことちゃんが生きていれば今年は成人式を迎えるところだった。成人式の記念になるものを、と両親がプレゼントしたものの1つがこの「宇宙葬(宇宙散骨)」である。

次ページもともと宇宙が好きだった輝明さん
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT