菅首相の雇用促進政策、「市場経済」に転換? いや、やはり「社会主義」?

菅首相の雇用促進政策、「市場経済」に転換? いや、やはり「社会主義」?

第2次改造内閣がスタートしたが、菅直人首相の政策は景気低迷にストップをかけるものになるか。

ところで、菅首相が執念のように叫んでいる「雇用、雇用、雇用」の三唱政策だが、その中身はどういったものになるのか。実効性がある政策は打ち出されるのか。

菅首相の雇用政策は、結局のところ、企業が雇用を増やしたら、その純増分1人につき20万円の法人税控除を行うというものになるもようだ。10%以上の雇用増を果たした企業にこの雇用促進減税が適用されることになる。

一見、これは確かに成長産業分野には大きな恩典になると見られる。今どき雇用を増やしているのは、成長分野の企業に限られており、さらに成長へのテコ入れになる政策ということになる。「これは凄い」、ということになる。

ところが、である。よくよく調べると、雇用純増分1人につき20万円の法人税控除は、その会社が負担している法人税の10%までが上限、という“頭打ち条項”が付いている。これでは雇用促進効果が減殺されることにならないか。

ネックには財源不足がある。財源というネックを抱えて、知恵、決断、それらのすべてを投入して政策がつくられる。確かに、“頭打ち条項”もやむなしか・・・。

雇用を増加させる成長企業は促進効果を期待

菅首相の雇用促進政策は“目玉”の政策なのだが、これをどう評価したらよいか。具体的に検証してみたい。

たとえば、保育園事業でトップ企業のJPホールディングスなどは500人の従業員を増加させている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT