日経平均続落、為替は1ドル116円台に

商品市況軟化でリスク回避強まる

 1月14日、東京株式市場で日経平均は続落。原油や銅など国際商品市況の軟化を受けて、短期筋を中心にリスク回避の売りが強まった。北京のガソリンスタンドで9日撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落。原油や銅など国際商品市況の軟化を受けて、短期筋を中心にリスク回避の売りが強まったという。1ドル117円割れと円高方向に振れた為替も重しとなった。現物株の売買が盛り上がりに欠けるなかで、先物主導の売りが優勢だった。

日経平均は一時317円安となり、2014年12月17日以来、4週間ぶりの安値となった。銅先物価格の急落を受けて住友金属鉱山<5713.T>が前日比で8%の下げとなったほか、三菱マテリアル<5711.T>やDOWAホールディングス<5714.T>も約5%下落した。東証業種別株価指数では非鉄金属<.INFRO.T>が4%下げ、値下がり率トップとなった。

ソシエテジェネラル証券ディレクターの小原章弘氏は「ヘッジファンドなど短期筋がコモディティ市況から資金を引き揚げている」と指摘。商品市況の先安観が投資家心理を後退させており、「先物市場を中心にリスク回避の売りが出ている」(小原氏)と話す。指数寄与度の高いファーストリテ<9983.T>、ソフトバンク<9984.T>、ファナック<6954.T>の3社合計で日経平均を98円押し下げた。

ドル/円<JPY=EBS>が一時117円を下回り、1カ月ぶりの安値を付けたことも売り材料となった。ソニー<6758.T>が3%を超す下げとなったほか、パナソニック<6752.T>やトヨタ自動車<7203.T>など主力輸出株が軟調だった。

個別銘柄では、セガサミーホールディングス<6460.T>が後場一段安となった。共同通信によると14日午前、都内にある同社の里見治会長兼社長宅の敷地で、銃弾のようなものが見つかったとの通報があった。けが人はなく、警視庁が発砲事件とみて捜査しているという。事態の先行きを懸念した売りが広がっている。

半面、第1・四半期(2014年9─11月)連結決算で営業6割増益となったサイゼリヤ<7581.T>や自社株買いを発表したマルカキカイ<7594.T>などは買い優勢だった。

東証1部騰落数は、値上がり365銘柄に対し、値下がりが1413銘柄、変わらずが82銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      16795.96 -291.75

寄り付き    16961.82

安値/高値   16770.56─17036.72

 

TOPIX<.TOPX>

終値      1357.98 -16.71

寄り付き    1365.53

安値/高値   1356.2─1371.68

 

東証出来高(万株) 226019

東証売買代金(億円) 22875.14

 

(杉山容俊)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT