『ウォール・ストリート』--金融取引に極めて大事な2つのこと《宿輪純一のシネマ経済学》

本作品は、はっきりとは示されていないが、破綻した「リーマン・ブラザース」がそのモチーフとなっていると考えられる。そのため内容にリアリティがある。

1987年の名作『ウォール街(Wall Street)』の23年ぶりの続編であり、前作に続き社会派監督オリバー・ストーンが再びメガホンを取っている。前作でアカデミー主演男優賞を受賞したマイケル・ダグラスが変わらず主演を務める。
 
 前作の最後に逮捕され投獄されたウォール街の元カリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)が長い刑期を終えて出所し、ニューヨークに戻ってくる。リアルな投資の世界には戻らず(戻れず?)、本を書き、講演で生活をしており、その生活ぶりからは贅沢さは感じられない。


(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX

ゲッコーは疎遠になっていた一人娘ウィニー(キャリー・マリガン)との関係を修復しようとするが、彼女は父親を毛嫌いして取り付く島もない。そんなとき、ゲッコーはウィニーの婚約者で、ウォール街で働く青年ジェイコブ(シャイア・ラブーフ)と出会う。ジェイコブは破綻した証券会社に勤務していた。罠にはめられ会社は破産、恩師である社長も自殺する。その罠を仕掛けたやつらに復讐することを誓うジェイコブ。ゲッコーも家族の信頼を代償とする新たなマネーゲームに取りかかっていく。

本作品の出演陣では一流どころが贅沢にそろっている。
 
 マイケル・ダグラスのほかにも、『トランスフォーマー』などヒット作が続く若手の成長株のシャイア・ラブーフ、『17歳の肖像』で一躍光ったキャリー・マリガン、アカデミー賞女優のスーザン・サランドン、『告発のとき』『ノーカントリー』『ブッシュ』などの渋い演技が光るジョシュ・ブローリン……。前作で活躍したバド・フォックス役のチャーリー・シーンはカメオ出演(ワンシーンのみの顔見せ出演)だけで少し残念。
 
 ちなみに前作活躍の2人であるが、マイケル・ダグラスは昨年から咽頭がんを患っていたが、この1月に克服したとのこと。チャーリー・シーンは腹痛で緊急入院したらしく心配されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT