【産業天気図・小売業】本業苦戦のスーパー、コンビニは弁当に注目

小売業界は「曇り」が続こう。
 総合スーパー各社は本業が苦戦中だ。イオンは上期の単体営業利益で歴史的な低水準決算となった。通期の増益幅も縮小する。イトーヨーカ堂も同じで単体が低迷。猛暑が長引き、秋物の営業に失敗した。
 それでもイオンは単体でも年間30店、ヨーカ堂が大型店中心に8店出店するなど、ともに出店増の体力がある。
 苦境に立つのがダイエー、西友。ダイエーの陰に隠れた形だが、西友の営業状況も深刻だ。第3四半期決算で既存店売上高は5%減。衣料品は10%減の急落で、鳴り物入りで発売したウォルマートのPB(プライベートブランド)も販売の押し上げ要因になっていないことが鮮明になった。
 猛暑を境に息を吹き返したのが、コンビニエンスストア。セブン‐イレブン・ジャパンをはじめ、大手チェーンの既存店売上高は夏場の貯金で前年実績を超える公算だ。ただ、主力の弁当の伸び悩みは頭が痛い。ローソンが新ブランドを立ち上げるなど、各チェーンが弁当のテコ入れに気合を入れている。スーパーほどの危機感はないが、コンビニも米飯の足場が弱ければ今後の再編で生き残れない。今期後半の弁当商戦は要注目だ。
【堀川美行記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT