「Windows欠陥をグーグルが公表」で波紋

マイクロソフトがグーグルのやり方を非難

ワシントン州ベルビューにあるマイクロソフトの直営店の様子(撮影:東洋経済オンライン)

[シアトル 12日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8.1」のセキュリティー欠陥を自社に先んじてグーグル<GOOGL.O>が公表したことについて、ユーザーをハッキング被害の危険にさらすものだとして非難した。

グーグルは独自チーム「プロジェクト・ゼロ」を通じ、あらゆるタイプのソフトウエアに関して欠陥を調査。問題があれば開発者に内々に通告しており、この際、問題を公表するまで開発者側に90日間の問題修正のための猶予を与えている。

グーグルは11日、ハッカーにコンピューター乗っ取りを許しかねないウィンドウズ8.1のセキュリティー欠陥を公表。同社が最初にマイクロソフトに欠陥を伝えたのは昨年10月13日だった。

一方、マイクロソフトは今週、定期的なセキュリティー更新の一環として同問題を公表する予定だった。

同社幹部のクリス・ベッツ氏は11日、サイト上のブログの中で、「グーグルにはわれわれが問題を公表する1月13日まで詳細の公表を控え、顧客を保護するよう協力を求めていた」と指摘。「グーグルのやり方は公表基準に従ったものだが、結果的に被害を被りかねないのは顧客であり、(グーグルの公表)決定は原則に則ったというよりも『してやった』というような印象を受ける」と苦言を呈した。

グーグルからは今のところコメントを得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。