アルピナ信奉者が驚いた「BMWへ商標譲渡」の意味 57年の関係を整理した先に2社各々の道筋が見える

印刷
A
A
ミュンヘンから西へ車で1時間、ブッフローエにあるアルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン有限/合資会社のヘッドオフィス(写真:ニコル・オートモビルズ合同会社)

商標譲渡後のアルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン有限/合資会社は、ボーフェンジーペン社と名称を改めたうえで自動車の開発とエンジニアリング業務を続け、「新しいモビリティ」の開発にも挑戦するという。「われわれの深い専門知識とノウハウを活用し、これまでと異なる、印象的なモビリティを市場へ届け続けたいと思います」と、フローリアン・ボーフェンジーペンCEOはプレスリリースの中で述べている。

車両のチューニングや性能・安全性の検証、試作など自動車づくりの根幹であるエンジニアリングは、プロジェクトごとに社外へ委託されることも多い業務だ。BMWとの協力協定が解消されたあと、ボーフェンジーペン社は他の自動車メーカーの仕事を受けることも可能になる。

少量生産の内燃機関車は残る?

最も楽しみなのは「新しいモビリティ」に関してだろう。具体的に何を念頭としているのかはまったく明らかにされていないが、たとえばゴードン・マーレイ氏やジャンパオロ・ダラーラ氏のような独立した超高性能自動車メーカーとして、ボーフェンジーペン社ならではの洗練された少量生産車を生み出すことも期待できるのではないだろうか。ちなみにEUは2035年までに内燃機関車の全廃を打ち出しているが、年間生産数1000台未満のメーカーはこれを免除される方針である。

今回の商標譲渡の対価は公表されていないが、もう十分に裕福なワイン生産者であるボーフェンジーペン家は、来るべきそうした時代まで本当に優秀な技術者たちは手元から手放さなくてもいいほどの資本を、アルピナの商標と引き換えに手に入れたはずだ。

アルピナはワインのビジネスでも有名だ(写真:ニコル・オートモビルズ合同会社)

その前に、まずは2025年までに送り出されるアルピナの新作たちが、果たしてどのようにわれわれを魅了してくれるのかを楽しみに待ちたい。ボーフェンジーペン社が今後充実させるというクラシックカー事業に従い、これまで作られてきたアルピナ各モデルに関する修理用部品やサービスは長期的に保証される、というのも既存オーナーにとって嬉しいニュースだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT