アルピナ「B8」超高級車2557万円の揺るぎない価値

最高峰の機能・性能、誰がどう買っているのか

ニコル・オートモビルズ合同会社は、BMWアルピナの最高級ラインナップのひとつ「B8 グラン クーペ」を発売すると発表(撮影:今 祥雄)
この記事の画像を見る(24枚)

アルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン有限&合資会社の日本総代理店であるニコル・オートモビルズ合同会社は9月29日、BMWアルピナの最高級ラインナップのひとつである「B8 グラン クーペ」を発売すると発表した。

B8 グラン クーペはBMWの高級車「8シリーズ グラン クーペ」をベースとして、高性能化し洗練性をさらに高めたエンジンと、その出力を受容し、さらに快適な乗車体験を生み出す電子制御サスペンションを搭載、内外装にもアルピナ独自の豪華装備を加えたもので、ごく簡単にいえば「とても特別なBMW」である。車両本体価格(10月1日改定、消費税込み)は2557万円である。

最大トルク800Nm、巡航最高速度324km/h

少し詳しく説明していくと、2つのターボチャージャーで過給されるエンジンはV型8気筒で4394ccの総排気量を持ち、最高出力457kW(621ps)/5500〜6500rpm、最大トルク800Nm(81.6mkg)/2000~5000rpmを発生。アルピナ・スウィッチ・トロニック付き8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを介した加速性能は発進から100km/hへの所要時間が3.4秒、瞬間的なトップスピードではなく巡航を続けられる最高速度が324km/hにおよぶ。車両重量は2140kgである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

足まわりには電子制御されるアダプティブ・ダンパーを備え、コンフォート・プラスからスポーツ・プラスまで設定を変更可能。後輪を最大2.3°の範囲で左右に操舵するインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングにより、操縦安定性と敏捷性の両立を図っている。

アルピナ伝統の放射状20スポーク・デザインを備える21インチ鍛造アロイホイールには、ピレリ製専用開発タイヤが備わり、ブレンボ製4ピストン固定キャリパーと巨大なブレーキディスクが内蔵される。リアアクスルにはコーナリング中の安定的な加減速に寄与するリミテッド・スリップ・ディファレンシャルも搭載される。

インテリアは、最新のBMW 8シリーズから最先端のナビゲーションやインフォテインメント・システム、自動運転支援システムを継承する。多彩な調整機構を備えるシート、皮革で包まれたダッシュボードも同様だが、アルピナのエンブレムをレーザー刻印したクリスタル仕様のiDriveコントローラーが、このB8 グラン クーペならではの見せ場である。

次ページB8のライバルは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT