あなたにも出来る!社労士合格体験記(第22回)--記念受験には終わらせたくない


後日、私がNHKを辞めて、行政書士法人で入管申請業務の修行をするとメールしたときも、「これからは東南アジアから看護師、介護福祉士の受け入れも始まるし、ニーズは高まるわよ」と応援してくれました。

ところが08年8月に、くも膜下出血のため急逝。自分の転職の慌ただしさにかまけて、「次はわが家で鍋でも」という約束が果たせなかったのが、今でも無念でなりません。最近、訃報に遭遇するたびに、「大切な人とは会えるタイミングを逃さずに、会っておかなければならない」と痛感させられます。

さて、初の社労士受験も目前に迫ってきましたが、仕事が忙しくなり、勉強の時間はどんどん減るばかりです。模擬試験も申し込みはしたものの、土・日曜は出勤日と重なるため、会場受験はできません。

試験終了後に問題と回答だけをもらって、後で解いてみましたが、なかなか得点は伸びませんでした。それでも記念受験には終わらせたくないと、休みの日だけは、一生懸命追い込みに励んでいました。


二次健康診断等給付

ところで、くも膜下出血は、脳梗塞、脳出血と並び、過労死の原因とされている脳血管疾患の代表的なものです。労災保険法の「二次健康診断等給付等」はまさに、この脳血管疾患及び心臓疾患を予防するために、01年に創設されました。

この給付は「二次」という名称からもわかるように、その前の「一次健康診断」を前提としています。一次健診は会社などで定期的に行われている、いわゆる健康診断のことですが、法律上は労働安全衛生法に規定されています。そして、二次健診は一次健診において、血圧検査、血液検査など厚生労働省令で定める検査で、いずれの項目にも異常の所見があると診断されたときに、労働者の請求に基づいて行われます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT