超重要!日本郵船と商船三井を分析する

世界経済の荒波に揺れる海運業の先行きは?

続いて、商船三井の業績を見ていきましょう。損益計算書(8ページ参照)を見ると、売上高は前の期より5.3%増の8901億円となったものの、売上原価が7.3%増の8316億円、販管費が13.0%増の543億円と費用が膨らみ、営業利益は80.2%減の42億円となりました。

大幅な減益となった理由は何でしょうか。原因は3つあり、1つは、日本から海外に輸出する自動車の数量が減ったことです。国内の自動車メーカーは、生産拠点を海外に移しているため、主力事業である海外向けの完成車輸送が減少しつつあるのです。

2つめは、中国を中心としたアジアの新興国経済が低迷しているため、コンテナ船の輸送需要が減少したことです。これに伴って、運賃も下落しています。
なぜ商船三井は減益で日本郵船は増益だったのか

これら2つの要因は、商船三井だけでなく、海運業全体にも言えることです。それにもかかわらず、日本郵船が増益になったのは、低調なアジアの航路を改編したり、余剰船を削減したりという徹底したコストコントロールが業績に貢献したからです。

ちなみに、日本郵船の「売上原価率(売上原価÷売上高)」は、前の期と変わらず89.1%に抑えられていますが、商船三井は91.7%から93.4%まで膨らんでいます。ここから、日本郵船のコスト削減が大きな差をつけていることが分かります。

3つめは、液化天然ガス(LNG)船事業で船員訓練費用が増え、販管費が膨らんでしまったことです。

このように、海運業を取り巻く環境は、円安や原油安などの好材料がある一方で、全般的には供給過剰であり、海運市況そのものはそれほど強くないと言えます。

ただ、貸借対照表から安全性を調べますと、「自己資本比率(純資産÷資産)」は、日本郵船は31.7%、商船三井は32.9%と、どちらも安全圏に入っていますから、問題はありません。

次ページ景気もライバルも・・海運業はラクじゃない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT