有料会員限定

新たな待遇差問題 こうして解決を

印刷
A
A

大企業は正社員と非正社員との人事管理を区別しやすいが、中小企業は曖昧で、紛争リスクが大きい。

特集「激変! 働き方と仕事の法律」の他の記事を読む

改正パート・有期法(短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律)は、中小企業には適用が1年猶予されていたが、いよいよ今年4月から適用される。

昨年10月には、有期雇用労働者(契約社員)の待遇差が争われた裁判について、一挙に5件の最高裁判所判決が言い渡されており、大きく報道された。このような報道には、企業のみならず、実際に働く非正社員も接しており、現在も多くの裁判が係争中である。

そのため、中小企業であるからといって、悠長に構えることはできない。むしろ、大企業であれば、正社員と非正社員との間で「職務の内容」や「人材活用の仕組み」などの人事管理を区別しやすいが、従業員数の限られている中小企業では上記の区別が曖昧になりがちなので、紛争になった場合のリスクが大きいともいえる。

ここでは、待遇ごとのポイントを説明したうえで、対応上の留意点を解説する。

中小企業は自社で待遇差問題に対応せざるをえない(imagenavi)

賃金体系や基本給は?

正社員と非正社員では賃金体系自体が異なるのが一般的であり、法違反となるリスクは低い。ただ、非正社員の基本給で、正社員の手当分が加算されている場合(例:営業職の非正社員の基本給に、正社員の営業手当分が加算されて設定されている場合)では、加算の実態があるか否かが「手当」をめぐる待遇差で問題とされうる。手当分を基本給で加算しているのであれば、雇用契約書に明記するなどして、事前に説明しておくべきである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激変! 働き方と仕事の法律
IT業界の対応は?
飲食店にメリット
定型取引に適用される新ルール
当面は3%で3年ごとに改定
Part3 改正民法を再確認せよ
職場の法律問題
情報の「利用」を重視する
企業のトラブルは増えるか
株主総会も変わる! 改正会社法Q&A
Part2 企業経営のルールが変わる
家計や年金に大きな影響
21年施行|企業やベテラン社員はどうする?
仕事の成功率が上がる!
22年4月からすべての企業で対策が必要に
従業員と取り決めを
こうして解決を
中小企業でも開始「同一労働同一賃金」の焦点
Part1 働き方のルールが変わる
激変! 働き方と仕事の法律
改正対応待ったなし!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内