有料会員限定

改正会社法で何が変わる?企業統治の透明化進める Part2 企業経営のルールが変わる

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

会社法が改正された。海外を強く意識したその内容とは。

イラスト:髙栁浩太郎

特集「激変! 働き方と仕事の法律」の他の記事を読む

3月1日に一部を除き施行された改正会社法。その概要や狙い、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを解説したい。

今回の改正会社法(以下、改正法)の特徴は、コーポレートガバナンスに関して改革がなされたこと。具体的には、「取締役等に関する規律の見直し」において、上場会社等の取締役会は、個人別の報酬等の内容について決定方針を定め、株主にその詳細を開示することになった。

グローバル市場での日本企業のパフォーマンスが低下する中、海外の機関投資家から「企業運営に問題がある」との指摘を受け、安倍政権による日本再興戦略では、ガバナンス改革に着手。経営トップが報酬を自身の裁量で決める「お手盛り」も従来問題視されていたが、一方では成果を出した経営者には適切な報酬を与えよ、インセンティブとしても報酬を考えるべきだという議論もあった。

2015年6月からは金融庁と東京証券取引所によるコーポレートガバナンス・コードの適用が始まっており、その流れにのっとったものだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激変! 働き方と仕事の法律
IT業界の対応は?
飲食店にメリット
定型取引に適用される新ルール
当面は3%で3年ごとに改定
Part3 改正民法を再確認せよ
職場の法律問題
情報の「利用」を重視する
企業のトラブルは増えるか
株主総会も変わる! 改正会社法Q&A
Part2 企業経営のルールが変わる
家計や年金に大きな影響
21年施行|企業やベテラン社員はどうする?
仕事の成功率が上がる!
22年4月からすべての企業で対策が必要に
従業員と取り決めを
こうして解決を
中小企業でも開始「同一労働同一賃金」の焦点
Part1 働き方のルールが変わる
激変! 働き方と仕事の法律
改正対応待ったなし!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内