有料会員限定

個人情報保護の規制強化 情報の「利用」を重視する

印刷
A
A

改正個人情報保護法で個人情報の「利用」のルールが大きく変わる。

イラスト:髙栁浩太郎

特集「激変! 働き方と仕事の法律」の他の記事を読む

2020年6月に成立した改正個人情報保護法が、22年春に施行される。

今回の改正は、個人情報の「利用」にメスが入る点が重要なポイントだ。従来、日本の個人情報保護では、情報の「管理」に重点が置かれていた。一般の人も、個人情報において何が不安かと聞かれれば「個人情報が漏洩しないか心配」と答えることが多いだろう。

ITが発達し、企業が膨大なデータを蓄積して分析することができるようになった。これにより、個人情報が思わぬ形で利用され、本人に不利益を与える危険性が高まっている。例えば、20年に企業の採用サイトにおいて、学生がどの企業を閲覧しているかなどの情報を分析して「内定辞退率」のスコアを算出し、企業に提供する事案が問題となった。

採用に応募した学生は、まさか自分の閲覧履歴などから内定を辞退する確率がスコア化され、これが採用活動に利用されている可能性があるなどとは思ってもいなかったであろう。このようにデータの「利用」が大きな問題となっているため、規制を強化することになったのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激変! 働き方と仕事の法律
IT業界の対応は?
飲食店にメリット
定型取引に適用される新ルール
当面は3%で3年ごとに改定
Part3 改正民法を再確認せよ
職場の法律問題
情報の「利用」を重視する
企業のトラブルは増えるか
株主総会も変わる! 改正会社法Q&A
Part2 企業経営のルールが変わる
家計や年金に大きな影響
21年施行|企業やベテラン社員はどうする?
仕事の成功率が上がる!
22年4月からすべての企業で対策が必要に
従業員と取り決めを
こうして解決を
中小企業でも開始「同一労働同一賃金」の焦点
Part1 働き方のルールが変わる
激変! 働き方と仕事の法律
改正対応待ったなし!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内