有料会員限定

作品の値段はこう決まる ダ・ヴィンチに510億円の理由

印刷
A
A

ダ・ヴィンチが史上最高額で落札された背景には現代アートの隆盛があった。

史上最高額の美術品として近年広く認知されているのは、おそらくレオナルド・ダ・ヴィンチの作とされる油彩画『サルバトール・ムンディ』だろう。2017年11月に米国ニューヨークで開かれたクリスティーズのオークションで、約4億5000万ドル(約510億円)で落札されたキリストの肖像画だ。落札者は、アラブ首長国連邦の王室といわれている。縦が70センチメートル弱。決して大作とはいえないこの作品の価格としてついた天文学的数字には驚きを感じつつも、この絵が男性版『モナ・リザ』だといわれれば、落札結果に納得した人も多いのではなかろうか。

現在、オークションでの世界最高落札額記録を持つ、レオナルド・ダ・ヴィンチ作『サルバトール・ムンディ』。アラブ首長国連邦のアブダビ文化観光局が所有落札額約1億5000万円(104万ポンド)(Private Collection Photo ©Christie's Images/Bridgeman Images.)

特集「アートとお金」の他の記事を読む

芸術家の魂が宿る美術品も市場では商品の一種であり、取引の場では価格がつく。ただし、自動車やボールペンといった一般の量産品とはまったく異なる側面がある。原則として同じものがほかに存在しないことだ。優れた美術品は所有欲をくすぐる。希少価値が加わり、資産性が発生する。ダ・ヴィンチの油彩画は現在世界に十数点しか残っていない。そう考えれば、『サルバトール・ムンディ』の落札結果に不思議はない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アートとお金
美術ジャーナリスト・鈴木芳雄が選ぶ
美術史家・山下裕二が選ぶ
Part3 教養編|作家・中野京子が選ぶ
「アート思考」に企業が注目
ファンづくりに知恵を絞る
インタビュー/NHKエデュケーショナル 倉森京子
美術館館長が語るコロナ後の経営/森美術館 館長 片岡真実
Part2 美術館編
インタビュー/現代美術家 会田 誠
衰退する「画壇」の権威
相続税は?減価償却対象?
インタビュー/行政改革担当相 河野太郎
愛好家に聞く|精神科医 高橋龍太郎
愛好家に聞く|マネックスグループCEO 松本 大
100円からバンクシーが買える
著名ギャラリーが推薦
会社員がイチから始める
アート市場の陰の主役
ダ・ヴィンチに510億円の理由
インタビュー/クリスティーズジャパン社長 山口 桂
インタビュー/サザビーズジャパン社長 石坂泰章
コロナ禍で名作の争奪戦に、7兆円アート市場の狂騒
Part1 アートビジネス編
アートとお金
緩和マネーで爆騰!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内