アートとお金 緩和マネーで爆騰!

印刷
A
A

世界の緩和マネーがアート市場に流れ込んでいる。現代アートは、驚異的な値上がり率だ。知られざるアートとお金の裏側を徹底取材した。

本誌:印南志帆、長谷川 隆、林 哲矢
写真:激しい競りの結果、日本人作家ロッカクアヤコ氏の作品が2600万円で落札された瞬間(撮影:尾形文繁)

「落札します。2600万円、2600万円」。1月末、都内で開催されたアートオークションの会場にハンマーの音が響いた。落札されたのは、30代の日本人作家の絵画だ。事前の落札予想価格は1500万円でその2倍近い値がついた。ほかにも落札予想価格を大きく超える作品が続出し、1日で約8億8000万円が動いた。

アート市場の活況は、日本だけではない。長引くコロナ禍で世界の実体経済が打撃を受ける中、あふれる緩和マネーがアート市場に流入している。世界二大オークション会社の1つ、クリスティーズの日本代表・山口桂氏は「世界の富裕層が、家で楽しめるものとしてアートを買っている。活況なのは現代アートだ」と語る。

現代アートの高騰は、コロナ前から始まっていた。2017年に、ZOZO元社長の前澤友作氏が米国作家バスキアの絵画を約115億円で落札したが、33年前の価格は約220万円。実に5000倍超の値上がりだ。19年には奈良美智の作品が27億円で落札され、最も高額な日本人作家となった。現代アートに流入するお金、美術商の仕事、コロナ禍の美術館など、アートとお金の裏側を追った。

特集「アートとお金」の他の記事を読む

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アートとお金
美術ジャーナリスト・鈴木芳雄が選ぶ
美術史家・山下裕二が選ぶ
Part3 教養編|作家・中野京子が選ぶ
「アート思考」に企業が注目
ファンづくりに知恵を絞る
インタビュー/NHKエデュケーショナル 倉森京子
美術館館長が語るコロナ後の経営/森美術館 館長 片岡真実
Part2 美術館編
インタビュー/現代美術家 会田 誠
衰退する「画壇」の権威
相続税は?減価償却対象?
インタビュー/行政改革担当相 河野太郎
愛好家に聞く|精神科医 高橋龍太郎
愛好家に聞く|マネックスグループCEO 松本 大
100円からバンクシーが買える
著名ギャラリーが推薦
会社員がイチから始める
アート市場の陰の主役
ダ・ヴィンチに510億円の理由
インタビュー/クリスティーズジャパン社長 山口 桂
インタビュー/サザビーズジャパン社長 石坂泰章
コロナ禍で名作の争奪戦に、7兆円アート市場の狂騒
Part1 アートビジネス編
アートとお金
緩和マネーで爆騰!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内