有料会員限定

美術商の仕事の実態 アート市場の陰の主役

印刷
A
A

謎めいた美術商というビジネス。作家のプロデュースも重要な役割だ。

日本には2000店以上の美術店(画廊や古美術店など)が存在し、東京だと銀座や六本木、天王洲アイル、関西では京都の寺町など、特定の地域に集積している。ただし、店構えは大抵、一見(いちげん)客を拒絶するような雰囲気で、謎めいた存在だ。第一線の美術商たちに、その仕事の実態を聞いた。

作家をプロデュース

美術商と一口にいっても、扱う作品のジャンルによってその事業モデルは異なる。存命作家の作品を扱う現代アートのギャラリーの場合、無名の作家を見いだして作品に値段をつけ、個展を開いたりメディアに登場させたりといったプロデュースが重要な仕事だ。

再開発が進んで有力ギャラリーの移転が相次ぐ天王洲アイルに、今国内でトップクラスの活発な取引をしている現代アートのギャラリーがある。マキギャラリーだ。米国の人気作家、マンゴ・トムソンやマイケル・ケーガンなどから国内の若手まで幅広く扱う。海外の客が半数を占める。代表の牧正大氏(45)は、ギャラリーでの勤務を経て26歳で独立した。今でこそ年商数十億円と国内上位の売上高だが、開業時に貯金をはたいて買った30万円分の絵画から事業を拡大してきたやり手だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アートとお金
美術ジャーナリスト・鈴木芳雄が選ぶ
美術史家・山下裕二が選ぶ
Part3 教養編|作家・中野京子が選ぶ
「アート思考」に企業が注目
ファンづくりに知恵を絞る
インタビュー/NHKエデュケーショナル 倉森京子
美術館館長が語るコロナ後の経営/森美術館 館長 片岡真実
Part2 美術館編
インタビュー/現代美術家 会田 誠
衰退する「画壇」の権威
相続税は?減価償却対象?
インタビュー/行政改革担当相 河野太郎
愛好家に聞く|精神科医 高橋龍太郎
愛好家に聞く|マネックスグループCEO 松本 大
100円からバンクシーが買える
著名ギャラリーが推薦
会社員がイチから始める
アート市場の陰の主役
ダ・ヴィンチに510億円の理由
インタビュー/クリスティーズジャパン社長 山口 桂
インタビュー/サザビーズジャパン社長 石坂泰章
コロナ禍で名作の争奪戦に、7兆円アート市場の狂騒
Part1 アートビジネス編
アートとお金
緩和マネーで爆騰!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内