有料会員限定

「脱マスコミ依存」が急務、コロナ禍の美術館の難題 Part2 美術館編

印刷
A
A

入場者が多ければ成功という時代は終わった。常設展で勝負せよ。

コロナ以前、マスコミが宣伝する企画展には多くの人が集まっていた(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

特集「アートとお金」の他の記事を読む

新型コロナウイルスの猛威が、美術館(博物館も含む)の経営に影を落としている。感染が拡大した2020年の2月末以降、ほとんどの美術館・博物館が6月初旬まで一時休館した。再開後は、混雑が予想される国立の美術館・博物館の企画展を中心に、日時指定制が導入された。今年1月に緊急事態宣言が再び出ると、夜間開館の中止をはじめとして影響が広がっている。

だがコロナ前は、美術館に大量の人が押し寄せるのも珍しくはなかった。人気の高い伊藤若冲やフェルメールの企画展なら、最終日が近づくと2〜3時間待ちはザラで、1日当たり1万〜1万5000人を入場させていた。

筆者は昨年5月に上梓した『美術展の不都合な真実』(新潮新書)で、大量の客を動員するこうした“ブロックバスター展”を批判した。そして、美術館がその所蔵品を常設展できちんと見せる「本来の姿」に戻るべきだと訴えた。ただ、本音では実現が難しいだろうとも思っていた。それがコロナ禍で状況は一変。1時間当たり最大200人程度しか入れられない日時指定制では、1日の入場者数は多くて2000人だ。これまでのビジネスモデルはすっかり成り立たなくなった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アートとお金
美術ジャーナリスト・鈴木芳雄が選ぶ
美術史家・山下裕二が選ぶ
Part3 教養編|作家・中野京子が選ぶ
「アート思考」に企業が注目
ファンづくりに知恵を絞る
インタビュー/NHKエデュケーショナル 倉森京子
美術館館長が語るコロナ後の経営/森美術館 館長 片岡真実
Part2 美術館編
インタビュー/現代美術家 会田 誠
衰退する「画壇」の権威
相続税は?減価償却対象?
インタビュー/行政改革担当相 河野太郎
愛好家に聞く|精神科医 高橋龍太郎
愛好家に聞く|マネックスグループCEO 松本 大
100円からバンクシーが買える
著名ギャラリーが推薦
会社員がイチから始める
アート市場の陰の主役
ダ・ヴィンチに510億円の理由
インタビュー/クリスティーズジャパン社長 山口 桂
インタビュー/サザビーズジャパン社長 石坂泰章
コロナ禍で名作の争奪戦に、7兆円アート市場の狂騒
Part1 アートビジネス編
アートとお金
緩和マネーで爆騰!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内