有料会員限定

美大生の進路に異変 「アート思考」に企業が注目

印刷
A
A

芸術家やクリエーターを輩出する名門美大生の卒業後の道は。

東京芸大美術学部の校門前

特集「アートとお金」の他の記事を読む

ビジネスの場で、美意識や感性を基にした新しい発想「デザイン思考」「アート思考」が注目され、企業がクリエーティブ職以外でも美術大学・芸術大学生に注目するようになっている。名門美大、芸大の学生たちは、今どんな進路を歩んでいるのだろうか。

国内唯一の国立総合芸大・東京芸術大学は、「日本で入学が難しい大学の1つ」といわれている。驚くのが入試倍率の高さだ。2020年度の倍率を見ると、絵画科16.8倍、デザイン科14倍と、全国の国立大学の平均倍率(3.9倍)と比べると圧倒的に高い。同大は美術学部と音楽学部の2学部計14学科で構成され、美術学部は現代美術家の日比野克彦氏や村上隆氏ら著名人を輩出してきた。

20年春の美術学部の卒業生212人のうち、約半分が大学院に進学し、全体の2割に当たる34人が就職の道を選んだ。就職先を見ると、コクヨや乃村工藝社、任天堂、ポケモン、DeNA、朝日生命保険など幅広い。同大は学生の就職を支援するために、19年にキャリア支援室を開設している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アートとお金
美術ジャーナリスト・鈴木芳雄が選ぶ
美術史家・山下裕二が選ぶ
Part3 教養編|作家・中野京子が選ぶ
「アート思考」に企業が注目
ファンづくりに知恵を絞る
インタビュー/NHKエデュケーショナル 倉森京子
美術館館長が語るコロナ後の経営/森美術館 館長 片岡真実
Part2 美術館編
インタビュー/現代美術家 会田 誠
衰退する「画壇」の権威
相続税は?減価償却対象?
インタビュー/行政改革担当相 河野太郎
愛好家に聞く|精神科医 高橋龍太郎
愛好家に聞く|マネックスグループCEO 松本 大
100円からバンクシーが買える
著名ギャラリーが推薦
会社員がイチから始める
アート市場の陰の主役
ダ・ヴィンチに510億円の理由
インタビュー/クリスティーズジャパン社長 山口 桂
インタビュー/サザビーズジャパン社長 石坂泰章
コロナ禍で名作の争奪戦に、7兆円アート市場の狂騒
Part1 アートビジネス編
アートとお金
緩和マネーで爆騰!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内