米国の雇用統計が大幅改善という“誤解”

1月7日に発表された、米国の2010年12月分の失業率。前月の9・8%から9・4%へと低下したことで、雇用情勢が「大幅改善」したとの印象も与えている。だが、それは統計手法による誤解であり、実態の厳しさは何ら変わっていない。

確かに失業者数は1448万人と前月比56万人減少、前年比でも73万人近く減った。失業者数を労働力人口で割った失業率が低下し、非農業部門雇用者数は10万人増と続伸。非常に好ましい結果に映る。

しかし詳細に見れば、印象は変わる。統計上の失業者というのは「過去4週間に就職活動をしたが就職できなかった人」を指す。そもそも就職活動をしていない失業者は統計上の失業者として数えられない。労働力人口(就業者+失業者)にも入らず、“非労働力人口”として扱われる。

実はこの非労働力人口が43万人も増えている。人口全体が17万人強増加したのに、労働力人口が26万人減少したためだ。非労働力人口には定年退職者や学生、主婦も含まれるが、先月まで就職活動していた失業者が活動をやめ、統計上の失業者から外れたのも大きいとみられる。実際、統計上の「就職を断念した人」は約132万人と、前月比で4万人近く、前年比では約39万人も増えた。

労働力人口を全人口で割った労働参加率は64・3%と前月から0・2%ポイント低下。実に1984年以来の水準まで低くなった。労働力人口に占める就業者の割合を示す就業率も58・3%と、ほぼ最低水準が続いている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT