有料会員限定

疑惑深まる持続化給付金 重要情報がわからず検証不可能

印刷
A
A

問題噴出の持続化給付金事業。開示資料が黒塗りだらけで謎が深まるばかりだ。

経産省が公開した入札調書。競合の入札価格や技術点が黒塗りされている

特集「コロナ徹底検証」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年7/18号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

売上高が半減した中小事業者に最大200万円が支給される持続化給付金。7月1日現在、申請件数248.6万件のうち給付されたのは220.5万件で給付率は約90%。決して悪い数字ではないが、事務事業の受発注をめぐる疑惑が指摘されている。いったい何が問題なのだろうか。

電通の隠れみの?

まずは「受託法人」の存在。経済産業省から事務を受託したのは一般社団法人サービスデザイン推進協議会。大手広告会社の電通、人材派遣大手パソナ、コールセンター大手トランスコスモスが2016年に設立した法人だ。

4月、サービスデザインは競争入札で持続化給付金事務を受託。すると同社は委託費769億円の約97%に当たる749億円で電通に再委託。さらに電通は電通ライブなど子会社5社に外注し、そこからパソナ、トランスコスモスなどに外注されていた。

この構図から「サービスデザインは電通の隠れみの」との疑惑が浮上した。実際、委託や外注の多層構造が明るみに出たのはメディアや国会での追及に押し切られる形で経産省やサービスデザインが資料を公開したから。指摘がなければ外部からは見えなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ徹底検証
インタビュー/北海道大学大学院教授 西浦 博
国益を懸けた開発競争
PCR検査の拡充と新手法の開発
世界エイズ・結核・マラリア対策基金 局長 國井 修
感染爆発の米国、ブラジル
慶応大学医学部教授 宮田裕章
「接触確認」の可能性と限界
水際対策の難しい舵取り
Part3 第2波に備える、往来再開が「第2波」の引き金に?
国際医療福祉大学医学部教授 和田耕治
国立国際医療研究センター 国際感染症センター長 大曲貴夫
“命の砦"で何が起きていたのか
見逃されたコロナ関連死
「教訓」生きず、PCR目詰まり
神戸大学大学院 教授 岩田健太郎
なぜ死者数が少なかったのか
Part2 第1波を検証、“日本勝利"のミステリー
悪影響は卒業後も続く
重要情報がわからず検証不可能
リスクに見合った賢い対策を
コロナ禍を克服できるか
「自粛過剰」批判は妥当か
Part1 政策の功罪、8割削減にバッシングの嵐
「42万人死亡」は過大だった?
コロナ徹底検証
「日本モデル」は第2波に耐えられるか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内